高菜餃子

高菜餃子

Description

餃子の皮の代わりに高菜の葉を使ったヘルシーレシピ♪高菜のほろ苦さと野菜たっぷりのジューシーな具がマッチします。

材料 (約20個分)

高菜の葉
20枚ほど
豚ひき肉
300g
キャベツ
1/8個
わけぎ
2~3本
レモンの皮
1/2個分
小さじ1/2
大さじ1
適量

作り方

1

写真

高菜の葉は、塩少々(分量外)を入れた沸騰したお湯に茎のから入れ約1分、全体を入れて1分茹で、ザルに上げて粗熱を取ります。

2

写真

キャベツはみじん切りにし、全体に塩(分量外)をふって5分ほどおき、塩を洗い流して手で水気をよく絞っておきます。

3

写真

わけぎは小口切り、レモンの皮は細切りにしておきます。

4

写真

ひき肉に塩と酒をふり、粘りが出るまで手でよくこねます。

5

写真

キャベツ、わけぎ、レモンの皮を入れて全体がまとまるまで手でよくこねます。

6

写真

高菜の葉を広げ、茎を下にして手前にタネをのせます。カレースプーン1杯くらいの量です。

7

写真

手前から巻いて、途中で左端を折ってそのままくるくる巻きます。

8

写真

最後に右端を中に押し込みます。このように巻くと、形が崩れません。

9

写真

同様に、餃子のタネを高菜の葉ですべて巻きます。

10

写真

フライパンにごま油をひき、強火で両面焼き色を付けます。

11

写真

焼き色が付いたら、フタをして弱火で5分ほど火を通します。高菜の葉の水分があるので、水などは入れなくて大丈夫です。

12

写真

中まで火が通ったら完成♪餃子のタレやポン酢、ラー油につけてお召し上がりください。

コツ・ポイント

タネを包むときは、手前(親指)の力を抜いて奥(その他の指)にきもち力を入れて巻くときれいにぎゅっと巻くことができます。高菜のスジが少し噛み切りづらいので、お子様や高齢者に出すときは一口大にカットすると食べやすくなります。

このレシピの生い立ち

この時期、島の直売所で高菜の葉がたくさん入って売っているのでたっぷり食べられるメニューを考えました。ほんのりレモンの香りがするタネと高菜の苦味が美味しいです。時間が経っても油ぽくないので、たくさん作ってごはんのおかずやお弁当にも♪
レシピID : 4450752 公開日 : 17/04/03 更新日 : 17/04/03

このレシピの作者

上島町は愛媛県の最北、広島県との間にある瀬戸内海の離島自治体です。
7つの有人島と無人島、合わせて25個の島があり、瀬戸内海の海の幸や島の農業など、それぞれの島に様々な食材があります。
島の食材を使った料理を中心に、島の日常の食事、特産品を使ったレシピなどを掲載していきます。また、島の旬の食材や、食に関する情報なども紹介します!!
https://www.town.kamijima.lg.jp/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」