食べ方色々♪豆乳のゼリーデザート

食べ方色々♪豆乳のゼリーデザート
濃厚「コーヒー黒糖ゼリー」に豆乳を注いだデザートです。スプーンですくって食べるもよし、かき混ぜてゼリードリンクにするもよし!コントラストの強い色合いが美しい♪

材料 (2個分)

●コーヒー黒糖ゼリー
 インスタントコーヒー
大さじ2
40g
 水
40cc+200cc

1

写真

グラスを斜めにして作る場合には、安定するように準備をしてください。写真はパウンド型に果物についてきたネットを組み合わせたもの。

2

写真

製氷用のケースにぷちぷちシートを敷いてもOK。もちろん、斜めにせず、普通に作ってもいいのです。

3

写真

ゼラチンを水40ccでふやかします。実はこのゼラチンはふやかさず直接熱い液体に入れても作れるタイプなのですが、念のためふやかしました。

4

写真

黒糖は塊の場合は粉にしておくと溶かしやすいです。コーヒーの量はお好みで減らしても。いつも飲むコーヒーの2~3倍の濃さの方が、豆乳と合わせたときにおいしいです。

5

写真

水200ccを沸騰させたら火を止め、コーヒー・黒糖を溶かし、ゼラチンも溶かします。しっかり苦くてしっかり甘いくらいの味にしてください。

6

写真

用意しておいたグラスに注ぎ、冷めたら冷蔵庫で冷やし固めます。

7

写真

こんな風に固まります。

8

写真

豆乳を注ぎ、そのままゼリーとして食べたり。

9

写真

食べ進みながらかき混ぜてクラッシュゼリーにし、豆乳を足して飲んじゃったり。豆乳にちょっと甘み(砂糖)を加えるとまたおいしい。

コツ・ポイント

●ゼリードリンクをストローで飲む場合、写真の太さでは細すぎます。太いストローをご用意下さい。

このレシピの生い立ち

今、クラッシュゼリーのドリンクデザートにはまっているのです♪写真映えするように、斜めに固めてみました。
レシピID : 446530 公開日 : 07/10/20 更新日 : 07/10/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

08/04/22

写真

かわいいし美味しいし。。。黒糖&コーヒーがイイですね♪

piko-rin

作って下さって嬉しいです!さわやかなお写真、おいしそう~♪

07/12/17

First tsukurepo mark
写真

一目惚れレシピです^^アガーで2層に固めてみました♪

あさえもん

憧れのあさえもんさん!ブログは「お気に入り」登録。光栄です。

ポンぽん 2007年10月20日 23:23
豆乳、黒糖のコクがしっかりと感じられる、レシピですねー!豆乳が苦手・・・っていうひとにも、おすすめです。
みつぞう 2007年10月21日 14:45
ポンぽん様

コメントありがとうございます!
温かいお言葉、とても嬉しいです。
ゼリーはそのまま食べると「!」「?」な苦味と甘み。
でも、豆乳があると「もっと濃い味でも良かったな」と思うくらい。
最近の豆乳はどんどんおいしくなっていて、
どのブランドを買っても「当たり」で嬉しいです。
あさえもん 2007年12月17日 13:40
みつぞうさん、はじめまして♪

↑のつくれぽに対して嬉しいコメント、ありがとうございます☆

このゼリー、見た瞬間から惚れちゃいました!
すんごく可愛くて、試してみましたが・・・
1度目はコーヒーゼリーが固まりきっていなくて混ざってしまいました~
私は豆乳が苦手なので、ミルクゼリーと層にしてみました☆
素敵なレシピ、ありがとうございました!

憧れなんて・・・(照)
ブログ、見ていただいてるんですね!ありがとうです(^^)
明日の記事に、早速このゼリーをUPします♪

私こそ、みつぞうさんは憧れで、レシピをよく拝見させてもらっています。
写真もレシピ本みたいに素敵ですよね☆
お料理もアイデア満載で、素晴らしいです(^^)
みつぞう 2007年12月17日 16:16
あさえもん様

はっ、初めまして。
えぇと、あさえもんさんのブログは「お気に入り」に登録してあり、
今朝も苺のケーキを拝見したばかりです。
その1時間後くらいに「つくれぽ」を読ませて頂き、
ほんと~うに、びっくりするやら嬉しいやら!でした。

お料理やお菓子、パンそのものの完璧な仕上がり、
コーディネートの素晴らしさ、写真の綺麗さ。
とってもとっても、憧れております。

このレシピはランチブッフェのデザートで食べた
斜めに固めた2色のフルーツゼリーからヒントをもらって作りました。
(ゼリーは両方とも固めたものでした)
コーヒーゼリーはなるべく真っ黒に、と作ったので、
まっ白な牛乳との組み合わせはことさら美しいと思います。
アガー、以前から興味があったので、買ってしまうかも・・・。
また、ブログにお邪魔させてくださいね。
今度は足跡を残してしまおう!と思っています。