3ステップで味が決まる♪彩り八宝菜

3ステップで味が決まる♪彩り八宝菜
材料多くて難しそうだけど、「具を揃えて・炒めて・合わせ調味料で味を決める」の3ステップで失敗しらずです♪

材料 (3~4人分)

■肉・魚介系材料■
*
モンゴウイカ
50グラム
海老(むき身)
50グラム
 海老下ごしらえ用の塩
小さじ1杯
 海老下ごしらえ用の酒
小さじ1杯
 海老下ごしらえ用片栗粉
小さじ2杯
豚肉(こま切れ)
50グラム
 豚下味用生姜(すりおろし)
小さじ1杯
 豚下味用 醤油
小さじ1杯
 豚下味用 日本酒
小さじ1杯
■野菜系材料■
*
たけのこ(水煮)
50グラム
青菜
100グラム
人参(小)
1/2本=50グラム位
白ネギ(細め)
1本=50グラム位
きのこ類(椎茸など)
手の平に乗るぐらい
■混ぜて作っておく調味料■
*
 中華だしの素(顆粒)
大さじ1杯
大さじ1杯
 酢
小さじ2杯
 こしょう
3~4ふり
大さじ2杯
 水
40cc=軽く大さじ3杯
小さじ1/2杯
■サラダ油(炒め用)
大さじ1杯強

1

まずは具材の下ごしらえから==シーフードミックスを解凍して使う場合は(4)へスキップして下さい

2

モンゴウイカは表面にタテヨコ細かく切れ目を入れてから親指大に切ります。海老は殻と尻尾と背ワタを取り、塩を揉み込んで→

3

冷水でやさしく洗い、キッチンペーパーで水気を拭きます。日本酒を振って臭みを取り、片栗粉をまぶします。これで魚介類OK。

4

豚肉は広げてイカと同じぐらいの大きさに切り、生姜、醤油、日本酒を揉み込んでおきます。はいこれで豚肉OK。

5

次、野菜です。たけのこ、ニンジン、白ネギ、きのこ類は5mm厚の薄切りに。次に、鍋に湯をたっぷり沸かして下さい。

6

まずニンジンを入れて茹で、3分後に青菜を茎のほうから沈めて茹でます。青菜を引き上げた後に、ゆだったニンジンを回収します。

7

青菜はドボンと水に浸けて、さわれるぐらいに冷えたらすぐ水から引き上げ、よく水気を絞って親指の長さにカット。はい野菜OK。

8

■混ぜて作っておく調味料■を全部混ぜ合わせます。味見してパンチが足りないと感じたら、だしの素やオイスターソースを増量。

9

仕上げです。家で一番大きいフライパンか中華鍋をしっかり火にかけサラダ油を温め、豚~海老~イカの順番で入れていきます。

10

具を広げながら中火で”焼く”気持ちで。「強火でフライパンをあおって炒めよう」と思わないで下さい。中華料理店じゃないので。

11

イカが丸まって豚も海老も白くなったら皿に取り出します。次に野菜類を炒めます。今度は中強火、だけどやっぱりあおりません。

12

(10)の豚イカ海老をフライパンに戻して全員集合したら(8)の調味料を一気にかけ、味が回ったら完成です。熱々をどうぞ♪

コツ・ポイント

*具はお好きなもので良いですが、白菜やモヤシなど水気の多い野菜はベチャっとなりがちなので最後に加えて片栗粉でさっととじるイメージで*合わせ調味料は片栗粉が沈んでいるかも知れないので底からよくかき混ぜてからフライパンへ投入を

このレシピの生い立ち

お気に入りの中華系おかずの一つ。八宝菜の「八宝」は8種類ではなく「具だくさん」という意味なので、7種類でも10種類でもOK、ハムでもピーマンでも絹さやでも。とにかく具を全部揃え、合わせ調味料も手元に用意して、一気に仕上げる~それだけです^^
レシピID : 4468106 公開日 : 17/04/15 更新日 : 17/04/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」