ごまとおからのうさぎクッキー

ごまとおからのうさぎクッキー
こぶたクッキーの贖罪を…というわけで、人気のおからクッキーに挑戦。サブレ生地を参考にして、バターの分量は半分にして、練りゴマの油分で補っています。サブレよりさっぱりほろっとしています。おなかでふくれるので、たっぷりの水分と一緒に。

材料

バター(加塩でも可)
100g
粉砂糖
80g
ひとつまみ
薄力粉
110g
1個
黒ねりごま
110g
白ねりごま
110g

1

バターをやわらかくしてマヨネーズ状にする。粉砂糖、塩をよく混ぜておく。

2

薄力粉おからパウダーをスプーンなどを使ってふるい、1に加えて切るように混ぜる。卵一個を割りいれ、さらに切るようにしてまんべんなく混ぜる。

3

2の生地を半分にして、片方に黒ねりごま、もう一方に白ねりごまをあわせ、それぞれゴムベラで切るように混ぜる。

4

ほぼ混ぜ合わさったら、手のひらを使って、すり合わせるように満遍なくこねる。

5

側面が5cmx4cmになるようにブロック上にして、ラップで包み、冷蔵庫で寝かせる

6

1~2時間ほどして生地が固まったら、1cm厚さにスライスして、型で抜く。崩れないように気をつけて、そっと裏からお箸などですこしずつ押すようにして抜くとうまくいきます。

7

天板にオーブンペーパーを敷き、6を間隔をあけて並べて、150度に予熱したオーブンで20分焼く。天板にのせたまま自然に熱が取れるまで放置しておく。

8

(おまけ)ふるいに残ったおからパウダーは、自家製クレンジングに利用します。大さじ3のおからパウダー、大さじ2のスキムミルク、小麦粉を混ぜて、大さじ3の水でふやかしたゼラチンパウダー5gを加え、湯50ccで練ります。これを冷蔵庫で保存。

9

使うときに手でこねるように伸ばして、一度湯で洗った顔に広げ、マッサージしてしばらくおき、洗い流します。そのあと石鹸洗顔。大豆サポニンとゼラチンでつるつるふっくらに。数日間で使い切ります。

コツ・ポイント

トータルの油分はサブレとあまり変わらない配合ですが、ゴマ油でよりヘルシーかな?ごまとおからのもそもそした食感が面白いですね。サブレよりは崩れにくくしっかりしています。型抜きはちょっとコツがいるかも。麺棒で伸ばさずに、いったんブロック上にしてできるだけ厚くスライスしてから抜くとやりやすい。

このレシピの生い立ち

サブレ生地を参考にして、バターの分量は半分にして、練りゴマの油分で補っています。おからでどこまでアーモンドプードルの代用ができるのか、実験したレシピでもあります。
レシピID : 447594 公開日 : 07/10/23 更新日 : 07/10/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」