圧力鍋でチキンスープ・体調回復には梅味で

圧力鍋でチキンスープ・体調回復には梅味で
いつもの味では、体が弱っててムリ・・・ということもあります。そんなときにはもちろん、元気なときにも、さっぱりした梅の味と、おろし蓮根のとろみでおいしくいただけます。

材料 (3~4人分)

鶏手羽先の先の部分
3~4本
れんこん
100g
豆腐(絹)
1/4丁
梅干(たたき梅)
1/2~1個(たたいて小1/2)
少々
(水溶き片栗粉)
適量
 

1

手羽先は洗って、3カップくらいの水をいれた圧力鍋で10分加圧、火をとめて自然放置。少し冷めたところで、容器に移し、冷蔵庫でいったん冷やす。→脂分を取り除くため。このスープは半分使って、あと半分は他におじやなどに使ってください。

2

れんこんはよく洗い、皮をむいてしばらく水にさらしてアクを抜く。豆腐は水切りし、同じく一口大に切る(orちぎる)。梅干は種をとり、たたき梅小さじ半分ほど作っておく。(味が薄いときの調整のために、種はとっておく)

3

脂分を除いて、手羽先を除いたスープを、もう一度漉して、約250ccを小鍋などにうつす。たたき梅小1/2をいれ、鍋の上でれんこんをすりおろし入れて、中火にかける。

4

れんこんが煮えたら、豆腐をいれ、弱火で火を通しつつ、塩味を調整。梅干によって味の濃さが変わるので、やや薄めになるよう、水を足す、梅干の種を加えるなどして調えてください。とろみが物足りないときは、水溶き片栗粉を加えてください。

5

やけどしないよう、少し冷めてから器によそい、最後に仕上げに万能ねぎの小口切りをキッチンバサミで切り入れて、召し上がれ。

コツ・ポイント

れんこんは皮ごと一口大に切って、水にさらしてアクをぬいてから煮込んでも。手羽先スープは、多めに作って常備しておくととても便利。 体調によっては、水で薄めるなどして、スープの濃さを調整してください。梅干味なので、アルミのお鍋は避けて。ちなみに、スープは、豚スペアリブでとったものでも、おいしいです。(実はそちらがオリジナル・・・・。)

このレシピの生い立ち

辰巳芳子さんのレシピブックを見ていて、インスピレーションがわきました。食欲がなくなってしまった家族に、一口すすめたら、おいしいと言って食べてもらえた、思い出のレシピがあります。このレシピは、その後のアレンジで、次にまた体調不良になったら、と思いつつ用意したもので、備忘録として残します。その後、判明。・・・勇気凛リンさんの「トロトロすりおろし蓮根汁」、おろし蓮根を先に炒めてます!次、試してみます!
レシピID : 447896 公開日 : 07/10/24 更新日 : 07/10/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」