■商売用いくらの醤油漬け■

■商売用いくらの醤油漬け■
うすくち醤油を使うので色よく仕上がります。アルコール分を煮切り、ダシを使い、売り物用のいくらの醤油漬けの作り方です。

材料 (鮭一本分の筋子)

生筋子
1kg
80~100cc
日本酒
50cc
50cc
50cc

1

生筋子のほぐし方は参考レシピを見てください。

2

だし汁は昆布とかつお節でとったものを用意する。もしくはかつおだしの素小さじ1と昆布でもいいです。

3

鍋に調味料とだし汁を入れ煮切ってアルコールをとばす。

4

調味液が冷めたら、ほぐしてよく水気を切ったいくらとあわせ一晩漬ける。

コツ・ポイント

漬けたばかりの時は汁気が多いように思いますが、一晩置くとちゃんと浸透していい具合になります。調味料は後から足す事ができるので少なめで様子をみて好みの味に仕上げてください。冷蔵庫で4~5日は持ちます。冷凍もできますが皮が固くないと潰れてしまいます。鮭も筋子も一番美味しいのは捕れはじめの9~10月です。筋子は時期が遅くなるとどんどん皮がゴムのように固くなっていくので漬けるなら早めに入手しましょう。

このレシピの生い立ち

鮭漁師の家で自家用に作るのが参考レシピにある■浜風いくらの醤油漬け■、売り物用に作るのがこちらです。うすくち醤油は東北ではあまり馴染みがないので、濃い口醤油と塩で作るお宅もあります。アルコール分を煮切るので寿司屋さんのいくらのように上品に仕上がります。
レシピID : 447995 公開日 : 07/10/23 更新日 : 07/10/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」