千葉の肴 あじのなめろう

千葉の肴 あじのなめろう
房総地方の漁師料理として有名ななめろう。実家では定番でした。

ねぎも味噌も、粗くおおざっぱに混ぜて豪快に食べるのが漁師風の醍醐味ですが、お家で食べる時はちょっと上品に仕上げます。

材料

アジ
2尾
白葱
5cm程度
大葉
※1枚
大さじ2
三杯酢
0.2

1

しょうがは摩り下ろし、白葱はみじん切りにする。青葱は盛付用に小口切りにしてとっておく。大葉は盛付に使用する場合は洗ってから水気をよく拭き茎を折る。なめろうに混ぜ込むときは細かく刻んでおく。(6参照)

2

あじを三枚に下ろし、身から皮をはがして冷水にとる。

3

2の水気をよくふき取って、短冊に刻む。

4

3に1の白葱、しょうがを加えてよくたたき、ほどよく混ざったら西京味噌を加えさらに粘りが出るまで叩く。大葉を加えるときは、ここで混ぜこむ。
※粗く叩いて食感を楽しむのも美味しいです。

5

三杯酢をあわせる。分量は好みで調整してください。

6

小鉢などの深皿に盛付けて、上から三杯酢をかけて浸す。
小口に切った青葱を散らす。
大葉は一枚敷いてもいいし、細切りにして4で一緒に叩いても美味しいです。好みでどうぞ。

7

写真

写真では冷やした器に三杯酢を敷いて、なめろうとみょうが、乾燥させた大葉をちらしたものです。

コツ・ポイント

三杯酢をあわせ、皿に盛ったなめろうをつけて食べるか、深皿になめろうを盛り付け、浸るくらいの量の三杯酢をかけてからねぎを散らすなど、お好みで盛り付けてください。
漁師料理ですから、そのまま食べて美味しい新鮮なアジじゃないと美味くないんです。スーパーで買ったアジを家庭で食べるなら、酢で〆るのがなめろうの家庭料理版です。

このレシピの生い立ち

実家のレシピに一人暮らし8年の歴史をプラスしました。味噌は信州味噌でもいいですが、西京味噌でマイルドに仕上げます。
レシピID : 448036 公開日 : 07/10/24 更新日 : 07/11/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」