山姥の天狗汁

山姥の天狗汁
一杯で千里を走れるという天狗汁。具沢山の汁物を作ってみました。ころころした具材の食感が楽しい。

材料

里芋
小14個
ごぼう
1/2本
にんじん
1本
こんにゃく
1/2枚
干ししいたけ
4枚
むかご
ひとつかみ(30個ほど)
油揚げ
70g(3/5枚)
もやし
1/2袋
さやいんげん
120g
ねぎ
1本
冷凍塩豚(ID:354320
300g
しょうゆ
大さじ1
砂糖
大さじ1
小さじ1
大さじ2
4カップ
味噌
一人分につき小さじ1強
梅味噌(あれば)
少々
しょうが千切り
ひとかけ分

1

塩豚を5mm厚にスライスして、さらに1cm幅の細切りにする。
鍋にこれを入れて、弱火でじっくり熱する。焦げ目がついたら、ひっくり返す。

2

じっくり豚に火を通している間に、野菜の準備をする。干ししいたけは2カップの水にひたしてもどす。ごぼうは包丁の背で皮をそぎ落とし、1cm幅に小口切り。にんじんは、1cmくらいの小さめの乱切りにする。こんにゃくも1cmくらいに小さくちぎる。

3

豚肉にこげ目がついて火が通ったら、クッキングペーパーで油を吸い取る。にんじん、ごぼう、こんにゃくを鍋に入れて中火で軽く炒め、再度ごく弱火にして酒大さじ1を加え、蓋をしてしばらく蒸し煮する。

4

里芋の皮をむき、酢水の中でもむように洗って、ぬめりをとる。油揚げは熱湯をかけて表面の油を抜き、1cm角に切る。もどした干ししいたけは、石づきをとって、千切りにする。干ししいたけの漬け汁はとっておく。

5

3に2と洗ったむかごを加え、しいたけの漬け汁、だしを加える。強火で沸騰させて、アクをすくう。しょうゆ、砂糖、塩、酒、しょうがを加えて、弱火で蓋をして25分ほど煮込む。

6

さやいんげんは塩(分量外)を加えてゆでて、斜め切りに。もやしはさっと洗う。ねぎは小口切りに。

7

火を止める直前にもやしを加え、しばらく余熱で蒸らす。器に味噌小さじ1強と梅味噌少々をいれ、上から鍋の汁を少々注ぎ、よく味噌を溶かしてから具と汁を注ぐ。さやいんげん、ねぎをあしらう。

コツ・ポイント

ポイントは①塩漬けして寝かせた冷凍塩豚を使い、出汁にうまみを②豚肉は焦げ目をつけて香ばしく③にんじん、ごぼう、豚肉は、軽くいためて蒸し煮にして、うまみを引き出すフランスの家庭料理の手法を取り入れました。④里芋は炒めずに、味のしみ込みをよくする。⑤さやいんげん、ねぎ、味噌は盛り付け時に加える。梅味噌の酸味があればうまみがぐっとひきたちます。

このレシピの生い立ち

むかごを手に入れたので、豚汁のような天狗汁を作ろうと思いました。早い話が具沢山の豚汁。オリジナルは、栗、ぎんなん、れんこんなど10種類の具が入っています。
レシピID : 448197 公開日 : 07/10/24 更新日 : 07/11/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

09/09/21

First tsukurepo mark
写真

汁物にむかご☼は初めて♪3杯で三千里を走るTEN-"G"だゎ=3

ひかる51

おいしそうですねー。そうめんにもあいそうです。