玉ねぎのコロッケ『たまコロ』

玉ねぎのコロッケ『たまコロ』
じゃがいもでもクリームでもない玉ねぎのコロッケ『たまコロ』。
全国フェスで日本一に輝いた味をご家庭でもお楽しみください。

材料 (10個分)

【具材】
サラダ油(炒め用)
大さじ1(12g)
にんじん
3センチ(25g)
玉ねぎ
大2個(480g)
★砂糖
大さじ1と1/2(13.5g)
★塩
小さじ1/2(3g)
★こしょう
少々(0.5g)
★【グリーンズ北見】オニオンスープ(なければコンソメ)
1本(5g)
★酒
小さじ1(5g)
1袋(5g)
1カップ(40g)
★ツナ缶(油は切らない)
1缶(70g)
★マヨネーズ
大さじ1(15g)
【衣】
2カップ(80g)
小麦粉(打ち粉)
適量
バッター液
☆小麦粉
3/4カップ(75g)
☆水
1カップ(200g)
☆サラダ油
大さじ1(12g)

1

写真

玉ねぎ、にんじんを6mm角のみじん切りにする。

2

写真

お湯を沸かし、沸騰したら先ほどみじん切りにした玉ねぎをお湯に入れて4分程度下茹でする。

3

写真

時間になったらザルにあけ、自然に水分が抜けるように放置する。(10分以上を目安)

4

写真

★の材料を予め計量する。

5

写真

フライパンにサラダ油とにんじんを入れ中火にかける。

6

写真

にんじんに火が回ったら、下準備で下茹でした玉ねぎを加えてさっと炒める。

7

写真

たまねぎ全体に火が回ったところで弱火にし、調味料、ゼラチンの順で入れる。

8

写真

今回のレシピの味付けには「オニオンスープ」を使用しています。
スープとしてでなく調味料としても便利に使用できます。

9

写真

ゼラチンが混ざったら、ツナ缶を油を切らずに入れ、マヨネーズとともにしっかり混ぜ合わせる。

10

写真

全体が混ざったら冷蔵庫で40分冷却する。

11

写真

冷却している間に、☆の材料をよく混ぜバッター液を作る。(卵液の代わり)

12

写真

しっかり全体が冷え固まったところで、あらかじめ計量した乾燥パン粉を入れしっかりと混ぜ合わせる。

13

写真

お好みの大きさに成型し、小麦粉をまぶす。タネがまとまらない時はパン粉を加え調整してください。
※タネが柔らかいので慎重に

14

写真

先ほど作ったバッター液に全体をくぐらせてから、パン粉を付ける。(しっかりと押しつける)

15

写真

170~180℃の油で約3分きつね色になるまで揚げる。

16

写真

【完成】
そのままでもおいしいですが、お好みでソースや醤油でお召し上がりください。

コツ・ポイント

「湯通し」が重要です。
一度湯通しをすると、その後の工程でしっかり炒めなくても苦味が抜けるため、玉ねぎの食感を残すことができます。
また、玉ねぎはどんな食材とも相性がいいのでツナマヨ以外の味付けでオリジナルのたまコロをおためしください。

このレシピの生い立ち

北海道北見地方は玉ねぎの生産量日本一!
北見では、日本一の「北見玉ねぎ」を主役にしたコロッケを20年以上も前から製造してきました。
もっと沢山の方に「北見玉ねぎ」を知ってほしい!という思いで秘伝のレシピを家庭用にアレンジし公開しました。

レシピID : 4492271 公開日 : 17/05/01 更新日 : 17/05/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

7 (7人)

18/09/17

写真

北見に行って食べてきました。成型するのが難しいけど美味しかった♡

檸檬パン

つくれぽありがとうございます!具材柔らかいですよね('Д')

17/12/01

写真

家族に好評でした☆野菜嫌いな娘もペロリ(^-^)

ひさぇ

娘さんに食べていただけて嬉しいです(^O^)/

17/08/23

写真

見た目悪いですが大好きなたまコロを手軽に作れて感謝!リピします♡

あおいんく

つくれぽありがとうございます! 是非また作ってくださいね。

17/05/25

写真

玉ねぎの甘味ととろみでクリームコロッケのようでした(^ー^)

クックG8BWPJ☆

ありがとうございます!とってもキレイに成型できてますね^_^