【京都丹波】ふきのとう佃煮

【京都丹波】ふきのとう佃煮
南丹市園部町埴生にある「旬」の野菜を大切にした農産物直売所、「ふるさと丹波路」考案レシピ。炊きたてご飯にピッタリ!

材料 (2人分)

ふきのとう(ゆでたもの)
500g~600g
80cc
50cc
☆酒
50cc
50cc
☆砂糖
大さじ2
☆花かつお
10g
ちりめんじゃこ
30g

1

ふきのとうをさっと熱湯で茹でる(しなっとする程度)

2

ふきのとうとちりめんじゃこ以外の☆の調味料を全て鍋に入れ、煮立てる

3

煮立ったところにふきのとうとちりめんじゃこを加える

4

水分が無くなるまで弱火で炊く(水分が無くなってくると焦げ付きやすいので木べらなどでよく混ぜる)

コツ・ポイント

ふきのとうの形をなるべく残すのがポイント。ふきのとうがほろっと崩れ、苦みが口に広がるのがクセになります。
自然の風味を活かすため、味付けはこってりしないように考えました。
「ふるさと丹波路」では、3月20日ごろから手に入ります。

このレシピの生い立ち

山間地特有のレシピ。ふきのとうは、てんぷらやふきのとうご飯などにしても美味しいですが、このレシピは苦みと春の香りを残せます(しかも、冷凍も可能です)。
レシピID : 4492700 公開日 : 17/05/02 更新日 : 17/05/02

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」