ベジタリアンの野菜おでん

ベジタリアンの野菜おでん
肉なし、練り物なし、野菜が主役のあっさり・ヘルシーおでんです。野菜以外の脇役には「手作りもち巾着」も登場します。

材料 (2人分)

1000cc
しいたけ(大)
3個
こんぶ
10cm〜15cm
米のとぎ汁(下ゆで用)
(野菜が浸かる位)
だいこん
4cm
里芋
2個
こんにゃく
半丁
もち(玄米餅)
2個
スパゲッティ(もち巾着用)
1本
がんもどき
2枚
にんじん
4〜5cm
しめじ
適量
●日本酒
大さじ2
大さじ2
●甜菜糖
大さじ2
●しょうゆ
大さじ1〜2
●塩
小さじ1/2

1

写真

おでん用の鍋に水1000ccを入れ、しいたけとこんぶを入れて30分間浸してから火にかける。※水1000ccは煮ているうちに少なくなって800ccぐらいになると予測しての量です。

2

沸騰前にこんぶだけ取り出し、あくを取り除く。椎茸はそれから5分後に取り出し、火を消す。(昆布と椎茸はあとで使うのでお皿に入れて置いておく)

3

写真

【具の下準備1】だいこんは2cmの輪切りにして皮をむき、両面に十文字の切れ込みを入れる。用意した米のとぎ汁の半分で固茹でしておく(竹串がすっと通る程度まで)。

4

【具の下準備2】里芋はたわしで表面についている土を洗い、皮を厚めにむく。塩水につけて手で表面のぬめりを取る。これも残りの米のとぎ汁で大根同様に固茹でしておく(竹串が刺さる位に)。

5

写真

【具の下準備3】こんにゃくを対角線で三角形に切る。分厚い時は、切って厚みを半分にする。裏表に包丁で浅く細かく格子状に切り込み(飾り包丁)を入れ、塩を振って軽くもむ。水から茹でて沸騰したら取り出す。

6

【具の下準備4】(2)の椎茸は軸を取り除いて、かさの中央に十文字に切り込みを入れる。直線に包丁を入れるというより、包丁を左右から斜めに切り込みを入れて黒い部分を切り取る感じ。(勿体ないので切り取った破片も鍋に入れる予定)

7

写真

【具の下準備5】(2)の昆布の一部も具に利用します。2cmぐらいの細さに切り、真ん中で結んで形を作る。  がんもどきを熱湯で油抜きしておく。  にんじんは食べやすい大きさに切っておく。  しめじは石づきを切り一株を半分位に割っておく。

8

【もち巾着を作る-1】うす揚げを熱湯につけて油抜きする。半分に切って、揚げの上で菜箸をコロコロ転がし、開きやすくする。うす揚げを開いて中にお餅を入れる。

9

写真

【もち巾着を作る-2】袋を閉じる;かんぴょうで巻いて留めてもいいですが別の方法として、スパゲッティ1本を半分に折って、それぞれ袋の口を縫うように閉じる。(爪楊枝で縫うよりは、食べられるスパゲッティの方が便利)

10

味付け;(2)のだし汁に●の調味料を加える。調味料の種類や分量は好みが人それぞれですので、このページのレシピの分量通りではなく、味見をしながらお好みの味に整えて行って下さい。

11

鍋を火にかけ、大根・こんにゃく・人参・里芋・がんもどき・椎茸・昆布を入れて中火で煮る。煮え立って来たら弱火にして、材料がやわらかくなるまで煮続ける。

12

写真

もち巾着としめじも入れる(この2つは早く入れすぎない方がいいので)。お餅がやわらかくなるまで煮て下さいね。

コツ・ポイント

野菜中心とした分、下準備に手間暇がかかるし、練り物(魚)から出る味もないのであっさり仕上がりますが、それぞれの野菜の旨味を楽しめます。だし汁や味付けが面倒くさい方は「和風だしの素」を活用してもいいでしょう。ちなみに私は夕食後に次の日に食べるおでんを作り始め、次の日(食べる当日)に「きのこ」と「もち巾着」を加えてさらに煮込むことにしています。別にだし汁を用意しておくと、足して行けるので便利。 

このレシピの生い立ち

菜食になるまでのおでんの具と言えば、大根・じゃがいも・こんにゃく・ウィンナー・牛肉・たこ・ちくわやゴボウ天などの練り物などでした。ベジタリアンとして新たに野菜中心に具を考え直したのがこのレシピです。手順や味付けの元にしたのは我が家の味、nano母直伝です。簡単バージョンとして「レシピID:454320」もご覧下さい。
レシピID : 449328 公開日 : 07/10/26 更新日 : 07/11/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

18/01/10

First tsukurepo mark
写真

かなり手間が掛かりましたが、とっても美味しく好評でした♪

銀河のうさぎ

丁寧に作ってくださって、嬉しいです!寒い日も乗り切れそう。