【京都丹波】和知の山菜とキノコのキッシュ

【京都丹波】和知の山菜とキノコのキッシュ
道の駅「和」考案レシピ。自然豊かな和知の山菜と、くせのないゴーダチーズを組み合わせキッシュに仕上げました。

材料 (1個)

パイシート 15cm
1台分
牛乳
200cc
小麦粉
25g
ゴーダチーズ
25g
1個
玉ねぎ
40g
大黒本しめじ
40g
コゴミ
10g
うど
大さじ1
適量
胡椒
適量
適量
パプリカ
適量

1

オーブンを180度に温める。山菜やしめじは適当な大きさにカットしておく。

2

深めのパイ皿に冷凍パイシートを敷き、 重しをのせて約15分間焼き、やきあがれば冷ましておく。

3

フィリングを作る。ボウルに卵を割り入れよく混ぜる。小麦粉をふるったものを入れる。

4

3のボウルの卵と小麦粉をよく混ぜる。粉の混ぜ残りがないように注意する。

5

4のボウルに牛乳を少しづつ流し入れながらよく混ぜる。

6

ゴーダチーズをフードプロセッサーで粉砕しておく。

7

5のボウルにチーズを入れ、塩、胡椒、ナツメグ、パプリカを適量入れる。

8

冷ましていた型に山菜のカットしたものを敷き詰め、フィリングのソースを入れて約15~20分焼く。

コツ・ポイント

京都丹波の特産のきのこや山菜を入れることで、ワインやお酒にもあうちょっと大人向きのレシピになっています。 
大黒本しめじは厚めに切る方が出汁がでて美味しいです。

このレシピの生い立ち

道の駅「和」考案レシピ。和知ならではの春の恵みのレシピです。道の駅の野菜や山菜がたっぷり!
直売所には、四季折々の京野菜や丹波のブランド特産物が揃っています。京都丹波まで足をお運びいただき、京都丹波の食材でこのレシピをお楽しみ下さい。
レシピID : 4494768 公開日 : 17/05/19 更新日 : 17/05/19

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」