栗の渋皮パウンド

栗の渋皮パウンド
 栗の渋皮煮と裏ごしがこれでもか!と入った、栗好きさんのための栗だらけパウンド。

材料 (1100cc入るパウンド×2+少々)

栗の渋皮煮
400~600g
無塩バター
200g
砂糖(※)
150g
卵(L)
4個
薄力粉
150g
小さじ1
ラム酒
大さじ2

1

 栗の渋皮煮のうち200gを裏ごし、残り半量は1cm角程度に切る。多い時は半分にカットするくらいでもいい。

2

 バターを指で押すと楽に凹む柔らかさにする。○を合わせてふるう。型に紙をしく。砂糖はバター用と卵白用に、半分に分ける。

3

卵を卵白と卵黄に分ける(カラザは卵白に入れる)。卵白を溶きほぐし、泡立てる。砂糖を3回に分けて加え、固いメレンゲを作る。

4

バターを電動泡だて器(メレンゲを泡立てたウィスクのままで良い)で攪拌。砂糖を加えて白っぽく柔らかくなるまで更に攪拌する。

5

4に卵黄をひとつずつ加え、更に攪拌する。裏ごしした栗を加えて更に撹拌。完全に混ざりきったら泡立て器を外す。

6

ゴムベラに変えて、メレンゲ→粉類→メレンゲ→粉類→メレンゲの順に、完全に混ざりきらないうちに次を加え、さっくり混ぜ込む。

7

混ざりきってから更に4~5回混ぜる。型に6分目に生地を入れて栗を埋め込み、軽く底を打ちつける。残りは小さな型に入れる。

8

 170度に余熱したオーブンで10分、160度に下げて30~40分更に焼く。小さな型で焼いたものは途中で様子を見て出す。

9

竹串で刺して何もついてこなければ焼きあがり。20cm高さから落とす。焼きあがり後すぐにラム酒を刷毛でたっぷり塗る。

10

 粗熱が取れたら(触ってあたたかいくらい)、型から取り出してラップでぴっちり包み、そのまま完全に冷めるまで置く。

11

<覚書>渋皮煮500gバージョンなら、パウンド型丁度ふたつ分。600gなら+小さいマフィン2つ分。

コツ・ポイント

 裏ごしを入れた後、つぶつぶが少々ありますが、焼くとそんなに気になりません。
 結構かっちり甘いので、次回は砂糖を120gで焼こうと思ってます。

このレシピの生い立ち

 渋皮煮を作ると時々できちゃう固い奴。パン教室の先生のふうさんにパウンドはいかが?と助言をいただき、クオカのHPを参考に作りました。2012'12'1にBP半分に減。2013'10'6に手順のみ少し変更、2013'10'14に型の量を変更。
レシピID : 450062 公開日 : 07/10/27 更新日 : 13/10/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

13/12/30

First tsukurepo mark
写真

くるみも入れてみました。美味く膨らまずごめんなさい↓ごちそうさま

MrsYummy

黄色は甘露煮の栗かな? 膨らまず残念。でも有難うございます♪