鯛飯

鯛飯
塩焼きの鯛を炊き込んだご飯です。昔、結婚披露宴などの折り詰めに尾頭付きの鯛が入っていると、母がよく作ってくれました。この頃は引き出物で食べ物の折りが出ることもなくなりましたが、切り身で簡単に作れます。

材料 (2~5合分)

鯛(真鯛)
一切れ~小1尾
適量
昆布
5㎝ほど
2~5合

1

写真

鯛は尾頭付きの場合、ウロコをとり、内臓とエラを外して流水でよく洗う。 切り身の場合はウロコをとってサッとながしておく。

2

写真

塩をふる。 尾頭付きの場合はヒレにたっぷり付けて、焼け落ちないようにしておく。 切り身の場合も普段の塩焼きよりもやや多めに塩をふる。 グリルで焼き上げる。

3

写真

米を普通に水加減し、その上に鯛を乗せて、昆布を入れて炊きあげる。

4

写真

10分ほど蒸らしたら、鯛をいったん取り出して骨を外し、身をほぐしてザックリまぜて出来上がり。

5

残ったら、おにぎり、お茶漬けにするとこれまたとっても美味しいです。(*^^*)

コツ・ポイント

○必ず焼いてから炊き込んで下さい。 切り身を使う場合、骨つきの部分を使うと味がよくなります。 いっそ、アラでもいいです。(^^ゞウロコはきれいに外してから焼いてくださいね。 ○お米の量が少ない時、塩辛すぎないよう気をつけてください。

このレシピの生い立ち

昔々、結婚式の引き出物の折り詰めに入っている、塩辛くて硬くなった鯛の尾頭付きを、母がよくこんなふうにしていました。
レシピID : 451496 公開日 : 07/11/05 更新日 : 07/11/05

このレシピの作者

カイサと申します。「娘に伝えたい我が家の味」中心のレシピを載せています。(女子農高生弁当は2015年5月よりお弁当アプリに移行。)
レシピではちょっぴり塩分控えめの、キミセ醬油のまろやかを愛用。

甘党の夫は神戸に単身赴任、長女は独立して北海道へ、大学生の次女は山梨で一人暮らし、私はハムスターと共に横浜の離散家族。^^;

趣味は、 映画・海外ドラマ鑑賞、手芸など。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

6 (6人)

15/04/06

写真

お食い初めの鯛で☆上品なお味でとても美味しかったです♡

ちぇーた

おめでとうございます。大切な記念日の鯛でのれぽ、ありがとう!

12/05/23

写真

お頭付きの鯛が美味しい鯛飯になって嬉しいです!娘もパクパク☆

tommy 0304

ありがとうございます。1歳おめでとう~!ヾ(@^▽^@)ノ

12/04/16

写真

ドキドキだったけどとっても美味しく出来ました~❀嬉しいです☆

瑠梨佳

ありがとうございます。旬の今の時期に作ると特別美味しそう!

11/05/01

写真

アラだけど美味しくできたよ(ゝ∀・*)withアラ味噌汁

megchuu7

ありがとうございます。アラから良い出汁が出て美味しそうですね