お家で手軽に 本格豚まん

お家で手軽に 本格豚まん
使う材料は多いけれど、作業自体は難しくありません。BP・イーストの2種類を使うのでとてもふんわりで失敗の少ない豚まんです。作ると必ず「美味しい♪」と言う言葉ととびきりの笑顔を貰えるそんな幸せ豚まんです。(^-^)

材料 (9個)

■豚まん中身
 豚挽き肉
200g
 干しいたけ(or生)
4枚(みじん切り)
 葱
1本(細かく切る)
 白菜
1枚(細かく切り塩もみし水気を切る)
 ニラ
1/2束(細かく切る)
 醤油
大2
 砂糖・片栗粉
各大1
 にんにく・生姜・酒・オイスターソース・ごま油
各小1
 胡椒
少々
■豚まん生地
 薄力粉
200g
100g
 イースト
3g
4g
 砂糖
15g
 塩
3g
 ぬるま湯
180cc
 ラード
10g

1

写真

豚まん中身すべてをボールに入れ良く捏ねる。

2

写真

しっかり捏ね合わせ粘りが出てきたら出来上がり。使うまで冷蔵庫に入れておく。

3

写真

豚まん生地材料のラード以外をHBに入れ捏ね始める。ある程度まとまってきたらラードを入れてさらに捏ねる。(必ずラードは後入れして下さい。じゃないと蒸し上がった時に生地がマダラになります)

4

写真

生地を1次発酵をさせ約2倍に膨らんだ所で発酵終了。(発酵時は生地を乾燥させないように気をつけて下さい)

5

写真

生地を軽くガス抜きし等分にカットする。(私は大きさを揃えたいので計量してます)

6

写真

綺麗に丸め濡れ布巾(orラップ)をかけてベンチタイム20分。(この時綺麗に丸めた方が仕上がりが良くなります。)

7

写真

生地のとじ目を上にして麺棒で直径12cmくらいに伸ばす。(真ん中は厚めで周りは薄め)等分した肉あんを乗せ好きなやり方で包んでいく。

8

写真

※ここからは私の超我流な包み方です。 最初左手で生地の上下をつまむ。(生地は下に置いたまま持ち上げない。私は右利きです。)

9

写真

空いている右手で右半分の生地端にヒダを付けながら中心部に持っていく。軽くとめる。

10

写真

生地を半回転させ同じ様に生地端にヒダを付けながら中心部に持っていき軽くとめる。

11

写真

最後に口をしっかり止め直す。(止め口に肉あんが付くと閉じ難く&開きやすくなるので注意して下さい。)

12

写真

包みあがりはこんな感じです。私は包む時の失敗が少ない様に両手を使ったこんな包み方をしていますが、自分のやり易い包み方でして下さい。

13

写真

濡れ布巾をかけ約20分2次発酵。この時パンの時みたいに2倍に膨れる必要はありません。少しふっくらしたくらい(生地を寝かせるつもり)でOKです。(ここで発酵させすぎると蒸し上げた後しぼんでしまうので注意です。)

14

写真

強火で蒸気の上がった蒸し器で12~15分蒸し上げる。(私は蒸し器の中全面にクッキングシートを敷いているので1個1個の底に紙は付けません。)入れる時&取り出す時にトングを使うと便利です。

15

写真

出来上がり♪カットすると肉あん&肉汁がたっぷり。お好みで酢醤油をお供に・・。(^-^)

コツ・ポイント

肉あんに使う野菜は好みの物を使って下さい。(レシピ内容は私が作る時の基本野菜です。)作業工程全体で注意する事は生地を乾燥させない事です。この事は蒸した時の膨らみに左右します。蒸し揚げる時の蒸し器はしっかり蒸気が上がっている事。蒸し出したらなるべく蓋を開けない。蒸している時は強火で。この事を注意すればフカフカの豚饅に仕上がります♪

このレシピの生い立ち

私が作り続けている豚饅です。ふかふか・もっちり・ジューシー♪食べた人が必ず「美味しい♪」と言ってくれるとても嬉しいレシピです。これから寒くなる季節のオヤツにはもってこいですよね。(^-^)
レシピID : 452138 公開日 : 07/10/31 更新日 : 07/10/31

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

178 (159人)

18/01/14

写真

ほんとにふかふかもっちりでジューシー♪みんなに好評でした(^^)

hazelnats

17/11/27

写真

2時発酵のんびりしちゃってしわしわしちゃいました〜リベンジ!

音 謳

17/11/11

写真

皮を参考に(*≧∀≦*)ふかふかで扱いもしやすく美味でした❤︎

papikun

17/09/26

写真

リピしてます。今日は小学生娘と包みました ♪

mearosa

1 2 3 4 5