大根の皮とツナのきんぴら

大根の皮とツナのきんぴら
写真左のお総菜です♪ お弁当にも美味しい☆ 以前から、大根の皮だけ、きんぴらにしていましたが、思い立ってツナを入れたら美味になりました。ちなみに大根の皮のきんぴらは、林望先生(リンボウ先生)の本にありました☆

材料 (4人分)

大根の皮
1/3〜1/2本分
ツナ(缶詰)
小1缶
醤油
大さじ1〜2
大さじ1
白ごま
少々
サラダ油
大さじ1
少々

1

大根の皮は、厚めに剥いておきます(きんぴらを作りたいから・・)幅4cmくらいに切ってから、繊維に直角に(大根の輪切りの方向に)、マッチ棒くらいの太さに切ります。

2

フライパンにサラダ油を敷き、大根を炒めます。大根がしんなりしてきたら、水気を軽く切ったツナの缶詰を入れて軽く炒めます。ツナ缶の水気を切りすぎると、美味しくなくなるので注意!

3

醤油と酒を入れ、汁気が無くなるまで炒りつけます。汁気が無くなったら、火を一度弱めてごま油をたらりとたらし、一混ぜして火を止めます

4

盛りつけして、白ごま少々を、あればふります☆

コツ・ポイント

ツナの水気を絞りすぎないこと、大根の繊維は固いので、繊維を断ち切る方向に切ることです。

このレシピの生い立ち

大量に余る大根の皮を何とかしたくて、いつもきんぴらにしていましたが、いつもなんかもの足りず・・・ツナを入れたら格段に美味しくなりました。
レシピID : 452467 公開日 : 07/10/31 更新日 : 07/10/31

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」