やわらか昆布もち

やわらか昆布もち
だしをとった後の昆布で柔らかプルプルのおやつができました。梅干のしょっぱさと白ゴマの香ばしさがアクセント。寒天も入って食物繊維たっぷり!お腹もお顔もニコニコ♪

材料 (2人分)

乾燥北海道昆布
乾燥状態で15g
梅干
1個
白ごま
少々
ひとつまみ
さとう
30g
おおさじ2
粉寒天
2g

1

だしをとった昆布は粗く刻んで150ccの水と一緒にミキサーにかける。

2

粉寒天は水50ccと一緒に耐熱容器に入れ、レンジで煮溶かす。

3

鍋に1と砂糖、塩、片栗粉を入れ、火にかける。木べらでとろみがつくまで練る。

4

種をとって小さくちぎった梅干と白ゴマ、2を加え、さらに練りながら煮詰める

5

バットに広げて冷ます。冷めたら片栗粉(分量外)で打ち粉をし、好みの大きさに切って皿に盛りつけ出来上がり!

コツ・ポイント

昆布はだしをとった後のもので結構です。重さを測り忘れましたので乾燥した状態の重さを表示してます。

このレシピの生い立ち

なんか昆布を使った昆布飴っぽいイメージのおやつを作ってみたかったんで。
レシピID : 453218 公開日 : 07/11/02 更新日 : 07/11/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」