白い野菜のテリーヌ

白い野菜のテリーヌ
冬においしくなる野菜を中心に、野菜だけのゼリー寄せをつくりました。
やさしい味で、とってもヘルシー。
おもてなしにもぴったりです。

材料 (パウンド型1個分)

白菜
大き目の2枚
ジャガイモ
中2個くらい
キャベツ
2~3枚
かぶ
2個
玉ねぎ
1個
長ネギ
1本
昆布
5cm
野菜ブイヨンの素
適宜
1枝(ドライなら小さじ1/3)
適宜

1

昆布を1カップの水につけて半日ほど置く。ジャガイモは皮ごとゆでて、皮をむいて、粗めにつぶし、ディル、塩、少々、酢、小さじ2を混ぜる。
玉ねぎは4つわりにして、繊維を断ち切るように5mm幅に切る。

2

蕪は皮をむいて、5mmの輪切り
白菜、キャベツは1cmはばのざく切り(繊維と直角に)
長ネギは5mmの小口切りにする。

3

1の昆布入りの水と玉ねぎを鍋に入れて、弱火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出す。あくを取ってから、野菜ブイヨンの素を加えて、玉ねぎが柔らかくなるまで煮る。(水分が足りなくなったら、足す)
玉ねぎが柔らかくなったら、蕪も入れて固めに煮る。

4

蕪、玉ねぎを取り出し、同じだしでキャベツ、白菜をそれぞれ別々に茹でる。
長ネギもくたっとするまで煮る。
倍量の水でふやかしたゼラチンを加えて溶かす。塩で味を調える。総量300ccになるように。

5

型にラップを敷いて、白菜をしき、4のゼラチン液を浸るくらい注ぐ。次に1のジャガイモの半分を敷き、玉ねぎの半量ものせて、ゼラチン液をまた注ぐ。次はキャベツをしいて、ゼラチン液、ジャガイモ、玉ねぎ、蕪の順に重ねて、そのたびにゼラチンを注ぐ。

6

ラップで蓋をして、冷蔵庫で冷やし固める。

今回は絹豆腐に練りゴマ、練り梅、すし酢を混ぜたものをソースにしました。
市販のゴマドレッシングなど、ゴマ風味のたれが合います。

コツ・ポイント

野菜を面倒でも別々にブイヨンで茹でるのがコツです。それぞれから野菜の甘みが出てきます。
ねぎ類以外は固めに茹でたほうがおいしいです。
野菜ブイヨンでなく、和風のかつおだしでも、おいしくできます。

このレシピの生い立ち

お客様が来ることになっていたので、メニューの試作をしている途中で思いつきました。
レシピID : 453429 公開日 : 07/11/02 更新日 : 07/11/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

08/01/08

First tsukurepo mark
写真

白くないですけど‥!ブイヨンで下茹でとても参考になりました☆☆

image

きれいな層ですね~☆ありがとうございます。

白い野菜のテリーヌとっても素敵です☆

私は「白い野菜」に今注目しています。ぐぐってみると
白い野菜は免疫活性化成分が多いことを紹介している
サイトがトップに来ました。クックパッドで検索したら
5件しかでてきませんでした。

私は『ホワイトイタリアン』という新しいジャンルを
夢想しているのですが、白ニンジン、白ゴーヤ、
白マイタケ、白シメジ、白マッシュルーム、
白とうもろこし、ホワイトアスパラなど
白い野菜ばかりが気になっています☆

素敵なレシピを紹介して下さって感動しました◇△○
ありがとうございました◎ 「白い野菜」万歳♪♪♪
中医薬膳士清水えり 2009年09月15日 10:27
色にこだわると面白いですよね。
ホワイトイタリアン、興味があります。
コメントありがとうございました。
fanifani 様
こちらこそありがとうございます。

そうそう肝心なきっかけになった野菜を
ひとつ忘れていました。
白い野菜に関心を持ったのは陶磁器のように
真っ白な『白なす』があることを知ったからです。
夏の間中「白なすカレー」の夢想にくれていました。
(まだ実物にお目にかかれていません)

さらに減塩みそより低塩分であることを知った
「白みそ」の再発見でさらにヒートアップ

「白なす白みそナーラ」に白マイタケ、白しめじ
湯葉などを加え、日本発「オールホワイトイタリアン」
な夢想メニューで頭がいっぱいです。