【京都丹波】ピリッと辛いわさび菜入出し巻

【京都丹波】ピリッと辛いわさび菜入出し巻
道の駅「和」考案レシピ。『わさび菜』はピリッと辛みのあるおすすめの野菜。サラダ以外の調理方法でもおいしくいただけます。

材料 (1個)

3個
わさび菜
30g
100cc
砂糖
少々
小さじ1
おひたし用
200cc

1

ボールに卵を割り、白身を切るように混ぜる。

2

別の容器に出し汁を作り、砂糖、薄口醤油を加え、味を調整し冷ましておく。

3

わさび菜の茎と葉を分ける。茎はしんなりするまで熱湯でゆがく。葉には熱湯をかける。

4

わさび菜の葉と茎を水で薄めた出し汁につけ、薄味をつける。味がついたら、しぼって玉子焼き器の幅に合わせ、束にしておく。

5

1に片栗粉と2の出し汁を少しずつ加え混ぜる。

6

玉子焼き器に油をひき、温まったら卵を流し入れる。流した卵の上に、束にしたわさび菜を置いて、奥から手前に巻いていく。

7

巻き終わったら、卵を手前から奥へと移動させ、油をひいて卵を流し入れ、巻く。

8

7を繰り返す。できたら食べやすい大きさに切る。

コツ・ポイント

片栗粉を入れることで出し汁が卵から流れにくくなります。わさび菜は、辛みのある葉ですが、辛みや苦みが苦手な場合は、葉も下茹ですると辛みが消えますよ!
春は葉物が豊富!わさび菜以外に、菜の花や水菜を巻いてもおいしいです。

このレシピの生い立ち

道の駅「和」考案レシピ。和知ならではの春の恵みのレシピです。道の駅の野菜や山菜がたっぷり!
京都丹波の直売所には、四季折々の京野菜や丹波のブランド特産物が揃ってます。京都丹波まで足をお運びいただき、京都丹波の食材でレシピをお楽しみ下さい。
レシピID : 4537347 公開日 : 17/06/02 更新日 : 17/06/02

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

17/12/19

First tsukurepo mark
写真

わさび菜、卵焼きに合いますね(◍•ᴗ•◍) 美味しかったです

♡礼♡

素敵なお弁当箱のおかずに???加わって嬉し~?何おかず?