【京都丹波】水無月

【京都丹波】水無月
亀岡市、亀岡行事食研究会の行事食レシピ。まさに夏前に涼しさを感じられる一品(京都では1年の折返し6月30日に食します)

材料

60g
吉野くず
90g
小麦粉
210g
砂糖
150g
550cc
甘納豆
200g

作り方

1

くず粉をボールに入れて、200ccの水で溶かす。

2

1に白玉を加えて溶かし、残りの水350ccも入れて混ぜ合わせる。

3

小麦粉をふるってから砂糖と混ぜ合わせたところへ2をかき混ぜながら入れて混ぜ、ざるなどでこす。

4

大さじ8を別の容器に取り、バットを水で濡らしてラップをし、残りを流し入れる。

5

蒸し器に割り箸2本を置き、そのうえに4をのせ、布巾を掛け蓋をして強火で15分くらい蒸す。

6

上に甘納豆をチラシ、残した溶き汁を流し、さらに10分ほど蒸す。

7

6をよく冷ましてから缶から取り出し、三角形に切る。

コツ・ポイント

少し手間はかかりますが、手作りの水無月はみんなが喜ぶこと間違いなしです。
ぜひ挑戦してみてください♪

このレシピの生い立ち

四季折々の亀岡の行事や伝統的な食文化の「ふるさとの味」を大切にしたレシピ。
京都丹波の直売所には、四季折々の京野菜や丹波のブランド特産物が揃っています。京都丹波まで足をお運びいただき、京都丹波の食材でレシピをお楽しみ下さい。
レシピID : 4537402 公開日 : 17/06/28 更新日 : 17/06/28

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」