【京都丹波】麦餅

【京都丹波】麦餅
亀岡行事食研究会の行事食レシピ。亀岡では昔、梅雨明けの前に麦餅を食べ、しんどかった田植え作業をねぎらっていました。

材料 (餅20)

もち米
1kg
小麦
50g
少々
黒ゴマ
少々

作り方

1

小麦は棒でついて種皮を取り除き、作る前日に水に浸ける。

2

もち米も洗って水に浸ける。

3

小麦をとろ火で20分くらい、指で押さえてつぶれる程度まで炊く。

4

もち米を蒸し、餅つき機でついて、大方つけたところで3の小麦の水気を取って入れ、つき混ぜる。

5

適当な大きさにちぎり取って丸める

6

餅の中央にくぼみを作り、黒ゴマ塩を入れる。

コツ・ポイント

麦ともち米で簡単にできます。
塩と黒ゴマはお好きな量で調整してお楽しみください♪

このレシピの生い立ち

四季折々の亀岡の行事や伝統的な食文化の「ふるさとの味」を大切にしたレシピ。
京都丹波の直売所には、四季折々の京野菜や丹波のブランド特産物が揃っています。京都丹波まで足をお運びいただき、京都丹波の食材でレシピをお楽しみ下さい。
レシピID : 4538992 公開日 : 17/06/29 更新日 : 17/06/29

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」