酔っ払い豚鍋

酔っ払い豚鍋
お酒の力で豚肉もほうれん草も柔らかく、甘く、驚くほど美味しくなる!
〆のうどんや雑炊のコツはマイブログで。
http://gourmet-gourmet.seesaa.net/

材料 (2人分)

豚肉(ロース薄切り)
300g
ほうれん草
1束
日本酒
2~3カップ
↓つけダレ↓
★醤油
適量
★ポン酢
適量
★大根おろし
1/2本
↓薬味↓
★長ねぎ
1/3本
★(あれば)柚子の皮
適量

1

●ほうれん草は適当な大きさにざく切りにし洗っておく。●大根はおろしておく。
●長ねぎは小口切りにしておく。●柚子皮はせんぎるにしておく・

2

鍋に日本酒だけを注ぎ沸騰させる。

3

沸騰し、アルコール臭が立ってきたら湯気に火をつけ、自然に消火するまで待ち、充分にアルコールを飛ばす。

4

しゃぶしゃぶの要領で少しずつ具材を煮て、好みの味に調節したつけダレを付けれて召し上がれ。

コツ・ポイント

●煮汁は必ず日本酒だけ。水を足すと美味しさが半減し、普通の豚しゃぶになってしまいます。●火傷に気をつけ、必ず火を灯しアルコールを充分に飛ばすこと。●自然消火したら、弱火~中火に落とし、温度をキープしながら、お酒の蒸発を極力抑える。●ほうれん草の根元(ピンク色の)部分は、甘く一番美味しいので、捨てずに、房の間の泥をよく洗う。 ●大根おろし、薬味をたっぷり目に、ポン酢は少な目の醤油ベースが美味しい。

このレシピの生い立ち

祖父が魯山人らの仲間と催していた遊食会で、豚肉を美味しく食べる方法を模索して生まれた、我が家に伝わる鍋です。
レシピID : 454059 公開日 : 07/11/12 更新日 : 07/11/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」