定番☆わが家の湯豆腐

定番☆わが家の湯豆腐
ごく普通の湯豆腐。わが家では昆布だし+甘塩タラ、硬めの絹ごし豆腐が定番です。

材料 (4人分)

豆腐(絹ごし)
2丁
甘塩鱈
3~4切れ
昆布
10㎝ほど
【タレ】
長ねぎ
10㎝
鰹節
6g(2パック)
しょうゆ
大さじ3
大さじ2
【薬味】
すだち、柚子など
適量
七味唐辛子、おろし生姜等
適量

1

写真

土鍋に1/3ほど水を入れ、昆布を浸しておく。(1時間以上)

2

写真

甘塩タラを水に浸けて塩抜きする。途中2~3度水を換え、タラをギュッと指で押してその指をなめてみて、塩気をわずかに感じるくらいが目安。完全に塩気を抜いてしまうと、それはそれで味気なくなってしまうので注意。

3

写真

【タレを作る】長ねぎはみじん切りにし、湯豆腐用の器か、湯飲みのようなものに鰹節としょうゆと一緒に入れてまぜておく。

4

写真

土鍋を火にかけ、沸いたら昆布を取り出す。真ん中にタレの器を入れ、沸いた出汁を大さじ2程度加える。

5

写真

タラを入れて、煮る。アク(泡)が出るので、ていねいにすくって捨てる。

6

写真

豆腐を入れ、弱火で煮、再び沸いたら出来上がり。

7

写真

お好みでスダチや柚子などの薬味を加えて召し上がれ~♪

コツ・ポイント

●土鍋に最初に入れる水が多いとタレの器が浮いてしまうので、ご注意を。 ●甘塩タラの塩気も出汁のうちです。くれぐれも塩抜きしすぎないようにご注意を。 ●豆腐は、わが家では硬めの絹ごしが人気ですが、木綿でももちろん美味しいです。

このレシピの生い立ち

実家の味です。
レシピID : 454206 公開日 : 07/11/04 更新日 : 07/11/04

このレシピの作者

カイサと申します。「娘に伝えたい我が家の味」中心のレシピを載せています。(女子農高生弁当は2015年5月よりお弁当アプリに移行。)
レシピではちょっぴり塩分控えめの、キミセ醬油のまろやかを愛用。

甘党の夫は神戸に単身赴任、長女は独立して北海道へ、大学生の次女は山梨で一人暮らし、私はハムスターと共に横浜の離散家族。^^;

趣味は、 映画・海外ドラマ鑑賞、手芸など。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」