おかし♪な目玉焼き*杏仁豆腐と黄桃で

おかし♪な目玉焼き*杏仁豆腐と黄桃で
「おかしな目玉焼き」が、杏仁豆腐の素で手軽に作れます。お子さんとご一緒に作ってみては・・・?その前に、びっくりした顔も見たい、という方は、こっそり作っておやつに出してみてください。寒天入りなので、ダイエットにも◎。

材料

寒天杏仁豆腐の素
1箱
黄桃の缶詰
1缶
熱湯(と牛乳)
杏仁豆腐の素の作り方に従って適量

1

写真

宣伝のつもりではありませんが、私は↑これを使っていました。熱湯をいれるだけですぐできるので、とても便利。

2

写真

でも、あまり見かけない商品なので、今回は、おいしいと評判のこれで。(いぇ、宣伝ではないですっ)

3

黄桃の缶詰を開けて、中のシロップと実を分けます。アルミホイルのカップか器に実を伏せていれておきます。お好みで、シロップはあとでかけて使います。

4

杏仁豆腐は製品の作り方どおりに作ります。できた液が少しとろっとしかけたところで、2の器にそっと流し込みます。液を少し時間をおいて2度に分けて、黄桃の上がうっすら白く固まるように入れると、蒸し焼きにした目玉焼きらしくなります。

5

固まったらできあがり。常温でも固まりますが、冷めたら食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておいておきます。黄桃のシロップか、杏仁豆腐のシロップお好きなほうを添えて召し上がれ。でも、シロップなしで十分おいしいです。

6

問題は・・・げいじゅつ的に作ろうとすると、黄桃の数が合わなくて、寒天液が余ってしまうことがあります・・・。そのときは、あきらめて(?)杏仁豆腐として夜のデザートか、次の日のおやつにするとか・・・。

コツ・ポイント

杏仁豆腐の素を選ぶときは、柔らかタイプやとろとろタイプではなく、固めのタイプをお勧めします。容器は大きなものにまとめて作ってもよいのですが、目玉焼きらしく作るにはやはり個別の容器で。お昼ごはんのあとに作って、おやつの時間に出せます。ちなみに、今回は作り始めて30分でもう固まってました。

このレシピの生い立ち

学校の給食に出て、「おかずだと思って食べたらデザートだった(笑涙)」と、子供が喜ぶのをみて、うちでも作ってみたら、実に、簡単でした。(ひとりごと*給食のメニュー、とっておくんだった・・・アイデアの宝庫なのに・・・。)
レシピID : 454210 公開日 : 07/11/21 更新日 : 07/11/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

08/06/15

First tsukurepo mark
写真

画像見て大爆笑して早速作りました!何事もアイディアですね~!

どこでもいっしょ

爆笑0円♪もれなくついてきま~す^^/初つくれぽ大感謝です!