☆でた!アーティチョークのさばき方☆

☆でた!アーティチョークのさばき方☆
でた!料理用のアーティチョークのさばき方です☆料理用には小さい方がよさそうです。大きいものは中の刺も結構痛いです。小さいものをたくさん使う方がよさそうです。

材料

アーティチョーク
お好みの量
レモン
半分から1個(アーティチョークの量によってかえる)

1

写真

下準備です。アーティチョークの酸化防止にボウルに水を入れレモンを絞りいれます。

2

写真

はい!これがアーティチョーク。大きいものを選んでしまいました。今回やってわかりましたが、料理用には小さいものの方が良いです。

3

写真

周りの葉?をとって行きます。黄色い部分が結構見えてくるまでむきます。むいたものは捨てないでください。他のレシピ参照。

4

写真

見えるかな?むしったあとが硬くて口あたりが悪いので、軽く削り取ります。今回やってわかったのですが、茎の緑の硬い所も軽く削れば茹でた後食べれます。

5

写真

上の半分位をばっさりと切る。
結構ばっさりいった方がいいです。
上の方は茹でても硬くて結局食べれません。

6

写真

半分に切ります。
あらきれい〜〜♡

7

写真

見えますか?紫の根元の方に毛がたくさんあります。それを包丁を差し込んでえぐりとります。毛の下がメインの部分のアーティチョークハート♡です。そこをえぐりとらないように注意☆
紫の部分も刺が痛ければ、ちょっとむしっちゃいましょう。

8

写真

酸化防止の為にレモン水につけてください。

9

写真

お湯を沸かし、レモンの絞り汁もいれ、アーティチョークを茹でます。
アーティチョークハートの所に箸がささればオッケーです。お好きな硬さにどうぞ。
料理用なので、固めに茹でても大丈夫でしょう。

10

写真

ゆであがりですが、
すじが多い食材ですので、外の皮を一枚はいで食べてみてください。上の部分が硬ければ、もう少し切りとった方がいいかも知れません(左参照)

コツ・ポイント

今回の調理で気づいたことは、料理用には小さめのアーティチョークの方がいいことでした。大きいと、中の紫の部分の刺がもう既に痛いです。そうなるとどうしてもむしり取る量が多くなって、食べる量の少ないアーティチョークがますます少なくなります(笑)写真の左側のアーティチョークは結構むしり取った後のものです。

このレシピの生い立ち

アーティチョーク大好き♡
レシピID : 454634 公開日 : 07/11/05 更新日 : 07/11/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

7 (6人)

18/08/08

写真

アーティチョーク生から調理してみたくて。

クック94XYOX☆

つくれぽありがとうございます!うれしいな

14/06/21

写真

大きいのを買ってしまい棘に苦労しました…次は小さいのを探します!

のえる流星群

下準備が手間かかりますよねぇ。つくレポありがとうございます!

14/05/12

写真

テレビで見てからてんぷらで食べたくって〜☻レシピ感謝

むちmuchiko

天ぷらなんてためしたことなかった!おいしそうですね〜!

13/05/06

写真

じゃがいもとソテーに。今まで適当だったさばき方が鮮明になった♪

ルロワ・モワ

つくレポありがとうございます!おしゃれで素敵♪おいしそ〜♪

オレオレ 2007年11月05日 13:49
うわー、ちゃんと写真でてるー!!感激。ありがとう!ありがとう!
昔食べた時、外の葉をここまでむしらず、上半分くらいをカット、それで蒸したんだよね。で、当然デカイ鍋が必要で、すごい努力したのに、へんな葉っぱの下の方をガシガシ(歯でしごきながら、ってパート)・・・。このInputに対してたったこんだけのOutputかいな、って憤慨した記憶があったんだよねー。
と、前置きが長くなったけど・・・。ほな、今度の週末はアーティ様、調理してみるわ。それにしても、どこの誰が、この植物の中心部分を食おう!と思いついたんだろうかね・・・。蛸を世の中で一番最初に食べた人と同じくらい尊敬するぜ。
White-Plumeria 2007年11月05日 14:11
いらっしゃ〜〜い!頑張ってのっけたわよ!
そうなの、そうなの!努力の割には、食べるものほとんどないよね。なのにここまで頑張る私たちって!?
残りの葉っぱも捨てずに食べてね〜。ただでさえ勿体ないからさ、やっぱりたべなくてわ。
ほんとだよね、こんなの食べようと思った人を感心するわ。
ngocngoc 2007年11月05日 17:00
なるほどー。こうやってあの瓶詰めの状態になるんだー。
日本人にとっての竹の子とか、そんな感じでしょうか?
すっごく手間がかかるんですねー。

とはいっても、ベトナム料理のレシピ本で見たものは
もうそのまま丸ごとをスペアリブと一緒に煮込む、、って
それだけでしたよー。それで、花弁のとこを歯でしごいて
食べる、、って書いてあります。繊細さに欠けますな。
ベトナムでも中部で栽培しているそうです。
ハノイでフレッシュなものは見たことがないですが、
縦にスライスして乾燥させたものをお茶として売ってます。
美容効果と、糖分を分解するダイエット効果があるそうですー。
お茶はほんのり甘くって美味しいです。なのでこの茹で汁も
有効利用できるのではないでしょうか??
日本語だと朝鮮アザミですよね。
きょぉこ 2007年11月05日 17:02
ホワイトさん(*´・ω・)ノシ ゚+。:.゚.:。+コンバンパ+。:.゚.:。+

さっそくおじゃましてます。
手順6のお写真、ほんと!お花みたいにきれい~
とっても分かりやすいですね。
お疲れさまでした♡♥(。´∀`。)♥♡
White-Plumeria 2007年11月06日 05:08
ngocngoc さんこんにちは~。
アペタイザーとしては、丸ごとゆでて全部を歯でしごきとるのでオッケーなんだと思います。
でもさ、レストランやカフェで使われているのって、別に歯でこそぎとるのと違うじゃない?ずーーーっとどうやるのか悩んでたんだよね。で、テレビで見て解決。解決はしたけど、むちゃくちゃ手間がかかって、大変はたいへんだったわ。
へ~、お茶にもなるんだ~。しらなかったわ。
ゆで汁はね、無理。
レモンをゆでるとくさいわ!レモンとアーティチョークの混じったものだからくさいのかな?でも、くさいの!私は少なくとも飲めない(笑)
White-Plumeria 2007年11月06日 05:10
きょぉこさん、きてくれてありがと~。
このレシピはずーーーーっとほしくてほしくてたまらなかったから、問題解決できてホント満足。ま、もっと練習したいし、小さめのでいっぱい今度は作ってみようとおもってます。
問題は値段。やすいところでいっぱい買えればばっちりなんだけどな。
ルロワ・モワ 2013年05月06日 23:47
ホワイトさん、れぽ間違えたのと合っているのと送ってしまいました。ごめんなさいね。
週末たくさんお料理してレシピがちょっとこんがらがってしまいました。
アーティーさんさばき、とっても参考になりました。
ありがとう♪
White-Plumeria 2013年05月08日 02:11
milketmoi さん、ありがとうございます!とっても素敵な写真でほれぼれしちゃいました。こんな地味な所に来てくださってありがとうございます〜