★シナモンロール★

★シナモンロール★
日本語のレシピで以前作ったら、どーーーしても本場の味には遠い(シナモン味パンって感じで)。こーじゃないんだ!!と思いつつ、英語のレシピを探し出し。試行錯誤して作って見ました。オリジナルのレシピの5分の1の料で作ったんですけど…そのままだったら怖い

材料 (4人分)

★(1)★
温水
25cc
ドライイースト
小さじ 1弱
牛乳
25cc
★(2)★
砂糖
15g
少々
半分
125g
★(3)★
バター
21g
★フィリング★
バター
12g
砂糖
22g
シナモンパウダー
大さじ2(好みで増減)
★アイシング★
クリームチーズ
35g
粉砂糖
45g
適量
牛乳
大さじ1ぐらい(加減しつつ)
レーズン(クランベリー、ブルーベリーでも可)
好みで乾燥果物を入れても
ナッツ
こちらも好みで

1

写真

 牛乳、温水、卵をまぜて湯せんにかけて生ぬるい温度にしておく。

2

写真

 分量の砂糖、塩、中力粉、ドライイーストを混ぜ、1を入れ混ぜる。

 最初はボソボソするけど、まとまって滑らかになるまで混ぜる。

3

写真

 まな板の上で、伸ばしてたたんでー、打ちつけてー。 などを繰り返し、ある程度滑らかになるまで混ぜ続ける(がんばれーがんばれー)。

4

写真

 混ざったら、今度はバターを混ぜ込む。 またベタベタし始まりますが。 知らん振り、またこねてーこねてー、伸ばしてーたたんでー、打ちつけてー…。

と、滑らかで艶があり、弾力性があるようになったらこねは終わり(英語では「赤ちゃんのお尻のようになったら」

5

写真

 薄く油を塗ったボールにもどしてラップをかける。一回り大きなボールにお湯をはって(40度ちょいぐらい、指が入れられる温度)ボールを2重にして入れ発酵させる。

6

写真

 ちなみに、私は5の状態の上に二つのボールともすっぽりシャワーキャップで覆います。
おばちゃんの頭みたいだけど…。
 発酵して中身が大体2倍ぐらいに膨れるまで(湯せんで約40分から50分、気温や湿度により変わるので観察しつつ)。

7

写真

 一次発酵が終わったところ。
指に粉を薄くつけてつっこんでみる。
 穴がそのまま残って生地が戻らないようだったら発酵完了!
戻るようだったらもう少し発酵。
ブシュッ!っと潰れたら…。

過発酵。

もうだめかも(すっぱい)。

8

写真

 フィリングの準備。
室温に戻しておいたバターに砂糖&シナモンパウダーを混ぜ込みます。

レーズン等乾燥した果物を入れたい場合、ここでお湯とブランデー等に漬けておくと風味が増します。

9

写真

 発酵が済んだら、軽くパンチをしてガスを抜き、軽くまるめ直して室温におき10分程度生地を休ませます(ここで次に発酵する力を溜めてるんだそうだ。生地の傷等も自分で治したりしてくれます)。

10

写真

 2次発酵です。
1次発酵同様、ボールを二重にして湯せんにかけ、おばちゃんシャワーキャップをかぶせて約45分ぐらい(2倍ぐらいになるのを目安に)ほど置いておきます。

11

写真

 まな板の上で麺棒で軽くのばして、中にフィリングを均等になるように撒き散らし。 好みでナッツ、お湯を切ったレーズン(クランベリー、ブルーベリー等)を撒き散らします。

12

写真

 手前からくるくると巻いていきます。

13

写真

巻き終わりをちょと水を付けた指で触ってくっつけて。 海苔巻き状になった生地を糸で切っていきます(デンタルフロスを使うと便利)。

 きりたい場所にクルっと巻いてクロスして切ると綺麗に切れます。

14

写真

 アルミの皿の上に間を空けつつ載せます(まだ膨らむので)。

 オーブンの天板が小さい場合、オーブンシートを敷いてそのまま乗せても大丈夫だと思います。

15

写真

 ラスト発酵!(まだ発酵させるのか!!)
 お湯をはったボールの上に網(私は竹ザル)を乗せ発酵させる準備。

16

写真

 湯気がたっている竹ザルの上にラップをかけたアルミ皿を載せ、またまたおばちゃんシャワーキャップで包んでしばらく放置。
(大体、20分ぐらい←これも様子をみつつ)

17

写真

 発酵後。
ムクムクとくっつきあってます。

 ラップ等をはずし、天板に載せオーブンへ。
190℃から200℃(オーブンのクセにより)で15分ぐらい焼きます。
目安としては良い焼色が全体に付くぐらい。

18

写真

 焼きあがりー

 網の上(うちは皿にのせた巻き簾です…)に乗せ荒熱を取ります。

19

写真

 冷ましている間に、上にかけるアイシングを作ります。

 室温に戻してやわらかくなったクリームチーズに砂糖、バニラエッセンスを混ぜ合わせます。

 ある程度まざったら、牛乳を少しずつくわえて好みの硬さに。

20

写真

 大体の熱が取れたロールに、アイシングを上からたっぷりかけます。

できあがりー。

(熱い内にアイシングをかけると全部ドロンドロンに溶けて無くなりますので注意!←やったことあり)

コツ・ポイント

あまりカロリーを高くしたくなかったので、私は型の下に砂糖もバターも敷きませんでしたが。
より「シナボン」ちっくなずっしり重い&甘い味を求める場合。
型の下に砂糖とバターを足しても良いかもしれません(オリジナルはそうでした)。

このレシピの生い立ち

レシピID : 45620 公開日 : 02/03/15 更新日 : 02/03/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」