クリスト・シュトーレン ☃【ドイツ料理】

クリスト・シュトーレン ☃【ドイツ料理】
Christstollen☃本格的なドレスデン風のクリスト・シュトーレンです!2週間我慢して食べると美味しさが増します。

材料 (1-2本分)

【イースト生地】
生イースト
2個(84g)
50g
豆乳or牛乳
140ml
バター
220g
◆小麦粉Type405(薄力粉)
500g+大さじ3
◆丁子(クローブ)(粉末)
小さじ1/4
小さじ1/4
◆カルダモン(粉末)
小さじ1/4
◆シナモン(粉末)
小さじ1/4
◆塩
小さじ1/2
【ドライフルーツ等】
ラム酒
50ml
レーズン(2種類)【※1】
250~300g
★レモンピール
50g
★オレンジピール
50g
★レモンの皮
1個分
★オレンジの皮
1個分
★アーモンドアロマ【※2】
小さじ2
【コーティング】
バター
100g
粉砂糖
100g
あられ糖or粉砂糖
60g

1

写真

一晩前の準備】レーズンをラム酒に漬け込んで柔らかくします。

2

写真

薄力粉500gと◆の材料を混ぜ合わせたものバターを室温においておく。

3

写真

【イースト生地作り】中種を作ります。半量の豆乳を温め生イーストを溶かし、小さじ1の蜂蜜を加えます。

4

写真

大さじ3の薄力粉を加え更に混ぜ約15-20分発酵させます。

5

写真

中種がプクプクしてきたら2の粉と残りの豆乳、蜂蜜を加えて混ぜます。

6

写真

バターを加え生地がまとまるまでこねます。約10分くらい。

7

写真

生地が1つにまとまったら打ち粉をした台の上に平たく広げ中央に★の材料を入れて包み込むようにこねます。

8

写真

生地がまとまったらボールに入れて暖かい場所(28度くらい)45分-1時間ほど発酵させます。

9

写真

フィンガーテスト】指先に粉をつけて4の生地に穴をあけ、発酵具合を確かめます。指を抜いても穴がそのまま残っていたら◎

10

写真

【シュトーレン成形】5の生地を打ち粉をした台に取り出しガス抜きをして30cm×20cmくらいの四角形に広げます。

11

写真

クルクル巻きます。

12

写真

重なり部分を上向きにして、ベーキングシートを敷いた鉄板に乗せ2倍に膨らむまで45分-1時間発酵させます。

13

写真

オーブンを180℃に温め60分焼きます。(オーブンによって焼き上がりが異なってきますのでチェックして下さいね。)

14

写真

【仕上げ】焼き上がったら直ぐ柔らかくしたバター→粉砂糖→あられ糖の作業を3回ほど繰り返し完全に冷めるまで待ちます。

15

写真

シュトーレンが冷めたら空気に触れないようにアルミ箔でしっかり包み冷暗所で2週間ほど保存します。こうする事でドライフルーツの旨みがシュトーレン全体に行き届きジューシーで美味しく仕上がるのです(^^*)

16

写真

【※2】アーモンドアロマ(=オイル)は、小麦粉500gに対して小さじ2の使用量と表記されているものを使用しています。

17

【成形のコツ】2週間後の事を考えて水分大目の生地になっているので焼いている間に生地が広がります。嫌な方は、パウンド型を利用したり、アルミ箔で作ったバンドを使うなどして下さい。もしくはミルクの量を半分に減らして作るといいです。

18

たっぷりのドライフルーツ、バター、粉砂糖を使って焼き上げるので日持ちします。我家では、この材料で2本作って1本保管して1本は食べて楽しんでいます。

コツ・ポイント

【※1】ゴールデンレーズンと普通にのレーズンと2種混ぜて使用しています。クランベリーを使用してもいいです。ラム酒が苦手な方は、熱湯にレーズンを15分浸けて、キッチンペーパーでレーズンの水気をしっかり切ったものを使って下さい。

このレシピの生い立ち

ケーキと思われがちなシュトーレンはパンです!本を読んだり、お友達に教えてもらったレシピをアレンジしました。お店で買うシュトーレンもいいですが、1年に一回くらいじっくり時間をかけて美味しい我家の手作りシュトーレンを味わいたいものです。
レシピID : 457159 公開日 : 07/11/18 更新日 : 10/10/23

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

4 (4人)

11/01/05

写真

本当に2週間たったらおいしくなって、びっくり!来年も作ります!

Ning2

また作っていただけるんですね~嬉しい♪Danke^^

09/12/24

写真

少し味見♪風味豊かでとっても美味しい!楽しみにいただきます^^*

yasuko☆

綺麗な形していますね!美味しそう。メリークリスマスDnake

09/12/03

写真

風味も口当たりも全てが待ち望んでいた味です♡自分で作れて嬉しい!

ぽよママ

素敵~☆こんなにキレイにラッピング嬉しいです。Danke^^

08/12/19

First tsukurepo mark
写真

焼き上げ中、家中がいい香り!!味見したら最高!保管して食べます♪

umatch

いい香がこちらまでして来そうです。^_^Danke

umatch 2008年12月19日 00:11
Engelさんこんにちは♪
つくれぽさせていただきました。
鮭とトマトのキッシュも大好きなので、シュトーレンは絶対にEngelさんのレシピで作りたかったのです。

うまくできたか分からないのですが、、、いくつか質問が。パンもお菓子もまったく初心者なので変な質問ですみません。。。

その1 はちみつは50gと書いてありますが、2の小さじ1のあと、残りは3で投入してよいのでしょうか?今回私は投入し忘れてしまいましたが(T-T)

その2 レモンピールとレモンの皮、オレンジピールとオレンジの皮、、、は、同じものですか?それとも「皮」の方は、シロップ漬けしてないものをつかうのでしょうか?今回私はオレンジピールしか入れなかったんですが(^^;;)

その3 味見したら結構サクサクで、切るとちょっとぼろぼろになってしまいました(T-T)日にちがたつとすこししっとりするものなのでしょうか?それとも蜂蜜を入れなかったからなのでしょうかね、、、??それともそんなサクサク感が正解なのでしょうか?

とにかく念願のシュトーレンが焼けてとてもよかったです!!
Engel 2008年12月20日 13:47
umatchさん
つくれぽと質問ありがとうございます。

質問のお返事です。

その1:残りの蜂蜜は手順3で加えます。
レシピを修正しておきました。

その2:レモンピール、オレンジピールは砂糖漬けのものです。レモンの皮とオレンジの皮を使うのは香りを豊かにするために使います。無くても問題ないです。

その3:焼き上がりは多少サクサクしています。気になるようならコーティングをたっぷり染み込ませてしっかり包み保管してみてください。

説明が足りないようならまた聞いてください。(^^)

umatch 2008年12月22日 23:06
Engelさんありがとうございます!よくわかりました♪

今日、5日目なのですがちょこっと食べてみました。実はパン屋さんで別の安いミニシュトーレン(日記に書いたのじゃなくて、新たな物)を購入し、食べ比べてみたのですが、Engelさんのはやっぱり香りがすごーーーくよくて、バターたっぷりでおいしい!まだちょっと固いんですけど(^^;;)たぶん私が蜂蜜を入れ忘れたせいではないかと思います。

もう少し保管してまた楽しもうと思います♪
Engel 2008年12月24日 17:08
今晩は、コメントありがとうございます。

お返事が少しは参考になったようで安心しました。

手作りのお料理は、購入した物より美味しいですよね。
きっと私のレシピのシュトーレンもumatchさんの愛情が
たっぷり入っていっそう美味しく焼き上がったのだと思います。

メリークリスマス!
ぽよママ 2009年12月03日 03:21
Engelさん、こんばんは^^

数を作りたくて、こちらのレシピを4本にして焼きました。
そのうち1本がすぐ食べる用です。笑
過去にドイツ人の知り合いにもらったレシピでトライしてイマイチだった経験があるのですが、写真入りの分かり易い手順でとても美味しく焼けました♡

実はつくれぽを送った後に↑上のコメントを読ませていただいて、なんと私も蜂蜜を小さじ1しか入れなかったことに気付きました。^^;
次回のために、残りはどの手順で入れたらいいのか教えていただけると嬉しいです。

とはいえ、本当に美味しい仕上がりで大満足しています。
残りをじっくり寝かせて、また食べるのが待ち遠しいです♪^^

美味しいレシピ、どうもありがとうございました!
Engel 2009年12月04日 16:34
ぽよママさん

おはようございます。コメントありがとうございます。
私のレシピを気に入っていただけてとても光栄です。

蜂蜜の件ゴメンなさい。教えてくださってありがとうございます。
写真も多くしたので手順5に残りの蜂蜜の事を追記しました。

日が経つとまた違った味わいがありますのでクリスマス楽しんでくださいね。

それでは(^^*)