ハーブについて

ハーブについて
ハーブの用途、効能。メモに妊娠中(特に初期)や乳幼児にはお勧めできないもの等。注意書きとして。レシピの生い立ちは必ず読んで下さい。*自己責任の下使用して下さい。妊娠中、授乳中のハーブ使用は基本的にあまりお勧めはできません…orz

材料

色々

2

【オレガノ】        肉、チーズ料理に合う。             免疫促進、消化促進、精神高揚、咳止め、頭痛、腹痛、筋肉痛。

3

【カモミール】       ミルクと合うので、デザートや飲み物に。     抗炎症、鎮静、鎮痛、発汗、解熱、更年期障害。       浴料として冷え性にも。

4

【キャットニップ】      ハーブティーの他、猫のオモチャに(マタタビの代わり)           不眠症、発汗、風邪、頭痛、胃腸障害に有効。         

5

【キャラウェイ】姫茴香    焼き菓子、卵、チーズ、キャベツ料理に。    風邪、消化促進、食欲増進、健胃、整腸。

6

【クレソン】         料理の付け合せ等に。     カルシウム、鉄分等ホウレン草と同等。     血液の酸化防止、強壮、消化促進、皮膚炎。

7

【コリアンダー】      焼き菓子、肉料理に。           健胃、整腸、咳止め、去痰、解毒、解熱。

8

【サフラン】         パエリヤ、ブイヤベース、リゾット等。             鎮静、風邪、強壮、体を温める。

9

【シナモン】桂皮      砂糖と相性が良く、洋菓子、飲み物に。           風邪、頭痛、腹痛、下痢、健胃、殺菌、消化促進、体を温める。

10

【ステビア】        ポカリスエット等でお馴染の低カロリー甘味料。砂糖の300倍の甘味を持つ。           甘味を利用してダイエット、糖尿病に。

11

【セージ】         豚、羊肉のロースト、炒め物に。         防腐、老化、解熱、胃腸炎、痛風、リウマチ、更年期障害、脂肪溶解。

12

【ターメリック】ウコン   カレー、豆料理に。     健胃、利尿、肝臓病、黄疸、鎮痛、殺菌、糖尿病、息切れに。抗がん作用もあると言われている。

13

【タイム】          肉、魚等の臭み取り長時間加熱するものに良い。特に相性が良いのは鶏肉。             健胃、風邪、疲労回復。              二日酔い、咳止めにハーブティーとして(苦味が強い)

14

【チャービル】       サラダ、ソース、スープ、パスタ等に散らして。        発汗、食欲増進、補温。

15

【チャイブ】西洋浅葱   チーズ、卵、ジャガイモ料理に。          食欲増進、発汗、解熱、頭痛、整腸、体調を整える。

16

【ディル】          ビネガー、酢を使う料理、肉、米料理などの香り付けに。           不眠、頭痛、口臭予防、動脈硬化予防、シャックリ止め、母乳の出を良くする。

17

【バジル】         肉、トマト料理など、使い道が多くハーブの王様と言われる。           強壮、殺菌、神経障害、リウマチ、頭痛、消化促進、自律神経のコントロール、集中力を高める。

18

【ミント】          ハーブティー、飾りつけの他、肉、魚の臭み取りにも有効。        消毒、消化促進、強壮、疲労、胸やけ、鎮痛、頭をスッキリさせる。   浴料として冷え性にも(敏感肌の方にはお勧めできない)

19

【ラベンダー】       ハーブティー、砂糖菓子等。            精神安定、鎮静、殺菌。         匂い袋の材料にすれば防虫効果も。

20

【ローズマリー】      肉、魚等ロースト系の料理に。           ストレス、精神安定、消化促進、頭痛、風邪、細胞活性。             浴料として冷え性、神経痛、リウマチにも。

21

【ローレル】月桂樹     肉、魚の臭み取り、素材の味を引き立てる効果も。煮込み料理に。       リラックス、食欲増進、補温、肌荒れの予防、発毛促進。             小麦粉や豆の中に数枚入れて防虫に。

コツ・ポイント

妊婦&赤ちゃんにお勧めできないもの:シナモン、セージ、ミント、ローズ、ローズマリー、ユーカリ、ヘリクサム、ミルラ。妊婦にお勧めできないもの:オレガノ、カモミール、サフラン、バジル、ローレル、タイム、レモンバーム、ジャスミン、フェンネル、マジョラム、パイン、クラリセージ、ジュニパー、シダーウッド、ゼラニウム、サイプレス、タンジー、ラベンダー。乳幼児にお勧めできないもの:ローズウッド。

このレシピの生い立ち

普段何気無く使っているハーブ、注意書きも必要かと思ったので調べてみました。個人で調べただけなので至らない所もあるかと思いますが御了承下さい。元々、ハーブは薬草として親しまれてきたものです。多量摂取するものではありません。その他調べて欲しいもの、間違っている点等在りましたらコメント欄にお願いします。
レシピID : 457445 公開日 : 07/11/10 更新日 : 07/11/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

4 (4人)

13/05/01

写真

ハーブの取り扱いに気を付けなくては。と、引き締まりました!

pinyaco

でもハマるんですよね。ハーブって^^つくれぽありがとう!

09/05/15

写真

どんどん増えるローズマリー。効能知りましたありがとう。

ゆしゅな

うちのローズマリーは減る一方で…orz レポありがとう♪

09/05/15

写真

使ったことのないハーブも使ってみようと思いました♪ありがとう❀

momosukekan

これはローズマリーですかね?色々試してみるのも☆

09/03/20

First tsukurepo mark
写真

あまり効能までは気にかけていませんでしたが、参考にしま~す✿

ひかる51

お役に立てれば幸いです^^

ののののののさん 2009年11月26日 11:39
はじめまして♪
クックパッドにこんなページがあるなんて!
ありがとうございます♪
ハーブ大好きです♪

と言っても・・ベランダにローズマリーとミントと
バジルぐらいしかないのですが(^-^;

メイン画像のお花は何のハーブでしょうか?
とっても可愛い!

またおじゃまします♪