てんこ盛り山形芋煮

てんこ盛り山形芋煮
東北名物、秋の風物詩、芋煮!私好みの醤油ベースの『山形芋煮』をご紹介します。『山形芋煮』と言えば『里芋』に『牛肉』どっちも灰汁の出る材料ですが、【煮物・煮こみすっきりシート】を使えば灰汁の心配もなく、簡単に秋の美味を堪能できます!!

材料 (山盛り4人前)

里芋(冷凍でも可)
1袋(約300g)
牛こま肉
190g
玉コンニャク(黒)
1袋
人参(小)
1本
舞茸
1パック
ささがきごぼう
90g
8カップ
日高昆布
7cm×7cm
大さじ1
長ネギ
半分
【合わせ調味料】
しょうゆ
大さじ4
日本酒
大さじ3
大さじ2
砂糖
大さじ2
【仕上げ調味料】
小さじ1/2弱
仕上げ用のほんだし
小さじ1弱
クックパー煮もの・煮こみ すっきりシート
1~2枚

1

写真

里芋は洗って皮をむき、一口大に切る。人参は皮をむいて薄いいちょう切りにし、舞茸はこまかくさく。ごぼうは皮をむいたらささがきにして水にさらし灰汁抜きする。牛肉は食べやすい大きさに切る。長ネギはナナメ薄切りにする。

2

写真

まずは牛肉を炒めます。鍋に肉を入れて中火にかけ、合わせ調味料を大さじ3加えてさっと炒めたら、鍋から出す。

3

写真

2の鍋を洗ったら、鍋に水カップ8と、昆布7cm×7cmを入れます。

4

写真

玉コンニャクは沸騰したお湯で下茹でして、水を切っておく。※コンニャク臭さを取りましょう。

5

写真

3の鍋を火にかける前に、里芋、人参、下処理した玉こんにゃくを入れ、中火にかける。

6

写真

生の里芋を茹でると灰汁が出ます!ここで【すっきりシート】の登場です。1枚落しぶたのように浮かべてください。

7

写真

芋が煮えたら、2の牛肉と、舞茸、残りの合わせ調味料を入れ、ひと煮立ちさせる。牛肉から灰汁がどんどん出るので、ここですっきりシートを取り替えてもいいでしょう。

8

写真

すっきりシートを外したら、仕上げ用の塩とほんだしを入れ、さっと混ぜ、長ネギを入れ1分ほど煮たら火を止める。

9

写真

器に盛ったら、好みで一味をふりかけていただきま~す!

コツ・ポイント

牛肉は煮ると固くなるので、先にさっと味をつけて炒めておいて、出来上がる直前に加えると柔らかさ、美味しさ共にナイスです。里芋は煮ると灰汁が出るけど、【すっきりシート】を使えば下茹で不要。便利です♪

このレシピの生い立ち

私流の雑煮の味付けで作ったら、以前お店で食べたような味になりました。芋煮は家庭料理なので、多分みんな適当に作ってると思います(^^)
レシピID : 457718 公開日 : 07/11/10 更新日 : 14/01/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

7 (7人)

17/10/22

写真

山形の大鍋のは材料シンプルだけど自分で作るなら色々入れたい派です

たぬきちクッキング

具がゴロっとしていて美味しそう~♡好きな具で試して下さいね♪

14/12/28

写真

食材のお出汁がしっかり出て♬ほっこり暖まる〰♡いっぱい頂き美味★

さとみりん

つくれぽ感謝♪野菜の旨味がたっぷりで美味しいですよね♪

13/11/11

写真

初芋煮。 優しい味(≧∀≦) リピします。寒い日に最後♡

ひなひびももしょう

私の大好きな芋煮!つくれぽすっごく嬉しいです☆

13/09/17

写真

大人になってから知った料理ですが何故か秋を感じます。ご馳走様~✿

月見なっとう

美味しそう〜つくれぽ感謝です!芋煮の季節ですね♪