天草の鯛と塩で作る鯛めし

天草の鯛と塩で作る鯛めし
天草の海でとれる鯛と天草の海で作られる塩を使ったレシピです
このお塩は、小さな海の塩を使っています

材料 (4人分)

20センチ程度1尾
自然塩
小さじ3
出汁昆布
10センチ四方1枚
3合
自然塩
小さじ2
大さじ2
大さじ2

1

小鯛20センチくらいの小鯛を鱗を取って腹を出しておき、自然塩を振っておく

2

米を洗い、炊飯器に入れ水を仕込む。
10センチ四方の昆布も入れておく

3

鯛を魚焼きグリルで表面が軽く焼けるくらいに焼いて置く

4

写真

炊飯器に酒、自然塩、薄口醤油を混ぜて上に鯛を乗せる。

5

炊飯モードで炊飯する

6

写真

出来上がりはこんな感じ

7

皿に盛り付けて、魚の身をほぐしながら混ぜて食べる

コツ・ポイント

出しをかけて食べると骨湯のようで美味しいです

このレシピの生い立ち

くまもと手しごと研究所の『くまもと季節の食旅天草編』にて掲載されます
http://kumamototeshigoto-labo.jp/smp/
レシピID : 4581325 公開日 : 17/07/05 更新日 : 17/07/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」