ル・クルーゼで☆レモンのマーマレード

ル・クルーゼで☆レモンのマーマレード
今が旬の国産のレモンで作ります。皮だけを何度も煮る方法ではなく、丸ごと煮て作るやり方です。★グラニュー糖の量だけ変えれば、あらゆる柑橘類のマーマレードに応用できます。(メモ欄参照してください。)

材料

国産レモン
4~12個(★手順1参照)
手順6参照
手順9参照

1

★レモンの量について★ お持ちのル・クルーゼの大きさ等に合わせて量を決めてください。4個だと、20センチのお鍋で作りやすい分量。12個だと、24センチのお鍋で作りやすい分量です。鍋にレモン丸ごとを入れたときに重ならない量が適正量です。

2

★レモンの選び方について★
国産のものだと、青いレモンが多いです。多少青くても、大丈夫。煮ているうちに、なぜか黄色に変わります!写真のレモンも、最初は青かったのですが、加工していくうちにきれいな黄色に変身してくれました♪

3

ルクにたっぷりの水をいれ、レモンを入れて蓋をして中火にかける。沸騰したら蓋を取り、すぐに弱火にして1時間静かに煮る。再び蓋をしてそのまま放置。余熱で火を通します。★グラグラ煮るとレモンが割れて、果汁があふれてしまうので弱火で煮て下さい。

4

火を止めて蓋をしてから1時間経ったら、水を捨てて新しい水をたっぷりルクに入れ、レモンも戻してそのまま2時間水にさらしておきます。

5

レモンを取り出し、横半分に切る。中身はトロトロの状態なので作業が楽です。中身を手できれいに掻き出し、ボウルに入れる。皮は白い部分を包丁で取り除き、捨てる。2mm位の厚さを目指して下さい。皮は1㎝くらいの長さの千切りにする。

6

5の、レモンの中身を目の細かいざるに載せ、上から木ヘラで押して漉す。残った白い筋などは捨てる。

7

瓶を煮沸消毒しておく。(簡単なやり方:瓶の中をさっと水でぬらし、一個につき電子レンジ600wで1分加熱する。中の水を捨て、自然乾燥させておく。)

8

6の漉した液体、5の千切りした皮を合わせて重量を測る。それと同じ重さのグラニュー糖を用意する。★参考にした本では、6割の重さのグラニュー糖しか入れていませんでしたが、酸っぱいと感じたため、増量しています。酸っぱいのが好きな方は6割でどうぞ。

9

ルクに漉した液体、千切り皮、グラニュー糖、レモン4個につき100mlの水(例:12個なら、300mlになります。)を全部入れて中火にかける。木ベラで混ぜながら、アクが出てきたら取り除く。

10

20分くらい煮て、木ベラで底をなでた時に一瞬鍋底が見えるようになったら、できあがり♪

11

瓶に詰め、蓋をきっちりしてさかさまにして冷めるまで置いておく。蓋がへこんでいれば密閉できています。

12

写真

★八朔バージョン★ 八朔4個に対し、水300cc、グラニュー糖は皮と実の重量の60%で作ります。作り方は全く同じです。
とてもおいしいので、お勧めです♪

13

写真

★伊予柑バージョン★
伊予柑4個に対して水300cc、グラニュー糖は皮と実の重量の半分で作ります。苦味の少ないマイルドなマーマレードです。

コツ・ポイント

★10人の人が食べて、10人の人がおいしいと思える甘さにしました。レモンと同量のグラニュー糖を使いました。それでも、甘すぎず、上品な甘さです。酸っぱいのがお好きな方は、6割以上を目安に、加減してくださいね。★同じ作り方で、糖度だけ変えれば、全ての柑橘類に応用できます。基本は6割で、甘みが強いものは5割に、レモン並に酸味が強いものにはもっと増やして、という風に加減してください。

このレシピの生い立ち

最近買ったジャムの本を参考にしています。グラニュー糖の量は変えています。
レシピID : 458159 公開日 : 07/11/11 更新日 : 10/01/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

13 (8人)

15/02/01

写真

おいしくできました♡お菓子作り、トースト等毎日大活躍中☆

みるく茶

みるくちゃん♪手間がかかるのに作ってくれて嬉しいです♪

13/04/10

写真

文旦で*砂糖の分量間違えちゃって!後から足したよ〜´д` ;

CZKO

小槌ちゃん♪文丹だとどんな味なんだろう?美味しそうだね✿

13/03/07

写真

茹でてる時からいい匂いで幸せ気分満タン! 明朝が楽しみです♪

みおボーロ

みおボーロさん♪手間がかかるレシピなのに作って下さり嬉しいです✿

12/12/29

写真

柚子に続き今回はいよかんで作りました(^o^)/冬休みならでは♡

CZKO

いよかんも美味しいよね♪お仕事お疲れ様♥お休み楽しんでね!