黄金めし(こがねめし)

黄金めし(こがねめし)
昔、あわやひえのご飯をお弁当にして食べていたところ、殿様がそれを見て「黄金のようだ」といったのでこの名前がついたとか。

材料 (4人分)

精白米
260g
あわ
12g
きび
8g
ひえ
4g

1

精白米は洗米し、30分浸水し、ざるにあける。

2

炊飯器に1.と洗ったあわ・きび・ひえ・既定の水を加えて、炊く。

コツ・ポイント

給食用では食べやすいように精白米が多いのですが、雑穀はお好みで調整してください。

このレシピの生い立ち

 本市の学校給食は文部科学大臣賞を何度も受賞しており、子どもたちの笑顔があふれる、おいしい給食を毎日提供しています。このように評価の高い給食レシピの積極的な公開を通じて、市内外を問わず、たくさんの人に利用してもらうことを目指します。
レシピID : 4586753 公開日 : 17/10/13 更新日 : 17/10/13

このレシピの作者

春日部市の学校給食は、子どもたちに食の興味を持せ、給食が「生きた教材」となるような献立を作成しています。学校給食の特色や給食関連リンク「みんな大好き!おいしい給食」には、春日部市栄養士研究会の活動や食の情報ページを掲載しています。こちらもぜひご覧くださいwww.city.kasukabe.lg.jp/kosodate_kyoiku/kyouiku/kyushoku/kyuusyoku.html

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」