ビタミンDを摂る!いわしとキノコの天丼

ビタミンDを摂る!いわしとキノコの天丼

Description

具だくさんの天丼です。カルシウムの吸収を促進するビタミンDが豊富な魚とキノコをたくさん食べてください。

材料 (1人分)

いわしの開き
1枚
少々
舞茸
20g
生しいたけ
2枚
エリンギ
10g
さやいんげん
2本
なす
1/4本
レンコン
20g
かぼちゃ
10g
天ぷら粉
50g(1/2カップ)
80ml(2/5カップ)
適量
ご飯
200g
天丼のたれ
醤油
大さじ3
大さじ2
砂糖
大さじ1

作り方

1

写真

いわしの開きに塩少々を振る。

2

写真

舞茸と生しいたけは石突きを取る。エリンギは薄くカット。

3

写真

いんげんは両端を切り落とす。なすは切れ目を入れる。レンコンは1cm厚の輪切り1枚。かぼちゃは薄切り1片。

4

写真

ボウルに天ぷら粉を入れ、水を入れて混ぜる。多少ダマがあってもよい。

5

写真

■天丼のたれを作る。鍋にしょうゆ、みりん、砂糖を入れて火を点け、トロリとするまで煮詰める

6

写真

天ぷら鍋に揚げ油を170℃前後に熱し、1、2、3の材料に4の衣をつけて揚げ、油を切る。

7

写真

丼に盛ったご飯の上に、6の天ぷらをのせ、5のたれをかけて完成。

コツ・ポイント

天ぷらを揚げる際は一度に入れると温度が下がるので、少しずつ揚げていきます。
ビタミンDは生しいたけよりも干ししいたけの方が多いそうです。

このレシピの生い立ち

2017年6月7日放送のNHKガッテン。太陽の光を浴びると体内でビタミンDが生成されカルシウムの吸収を促し骨を丈夫にするそう。でも食物から摂取することも出来、ビタミンDが多く含まれる魚とキノコを使った天丼を作りました。
レシピID : 4588134 公開日 : 17/06/21 更新日 : 17/06/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」