秋刀魚の千草やき

秋刀魚の千草やき
形をちょっとのこしてすり鉢ですった秋刀魚が、しょうがや季節の野菜との良いハーモニー。みそで味つけました。すだちをキュッしてね☆

材料 (3人分)

さんま(刺身用)
2尾
少々
少々
溶き卵
L1/3個分
みそ
小さじ2
大さじ1/2
 
(千切り)適宜
しいたけの軸
(細く裂く)〃
(千切り)〃
食用菊(もって菊)
菊3個分
 
サラダ油
大さじ1
 
すだち
1/2個

1

さんまは三枚おろしにし、皮をむいて小さめに切る。すり鉢に入れてどしどしすりこ木で擂る。(およそ形が残るまで)

2

#1の擂り鉢に溶き卵、味噌、片栗粉を順に加えて混ぜる。

3

千切りにしたしょうがと青葱、細く裂いたしいたけの軸をくわえて混ぜる。菊はさっと洗って花びらを摘み、加える。

4

フライパンに油をしいて熱し、スプーンでさっとまとめて丸くしたタネを並べて、焼く。両面で5分ほど焼けばOK.いいキツネ色に!

5

写真

皿に盛り、あればすだちを添えてできあがり。

コツ・ポイント

味噌が入ってるので焼き色がつきやすいです。切ったさんまの形がところどころ残ってるほうがおもしろいです。

このレシピの生い立ち

NHKきょうの料理のレシピを材料と分量をかえてお届け。
レシピID : 458970 公開日 : 07/11/14 更新日 : 07/11/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」