マトンビリヤニ

マトンビリヤニ
いろいろなビリヤニレシピを参考にしてできたビリヤニです。ポテトが入らないほうが好きなので、ポテトなしのレシピです。食べるのに夢中で、皿に盛った写真撮りそびれました。鍋の写真でごめんなさい。余ったカレーはビリヤニと一緒に食べるとおいしいです。

材料 (4~6人分)

<マトンカレーの材料>
<約半量をビリヤニに使用>
羊肉(マトンかラム)
600~700g
玉ねぎ
1個
ホールトマト缶
200ml
■プレーンヨーグルト
75ml
■青唐辛子(みじん切り)
2本
■コリアンダーの葉(みじん切り)
20g
●グリーンカルダモン
3個
●ブラックカルダモン
1個
●シナモンスティック
2.5cm
●カレーリーフ
6枚
●ホールブラックペッパー
10個
▲コリアンダー
大1
4カップ
----------------
----------------
<香り米の材料>
<3~4人分>
バスマティ米
225g(8oz)(約1.5合)
ひとつまみ
1.5~2リットル
グリーンカルダモン
3個
ブラックカルダモン
1個
クローブ
2個
シナモンスティック
2.5cm
カレーリーフ
4枚
ホールブラックペッパー
5粒

1

まずマトンカレーを作ります。時間かかるので、前日に作ってもOK。

2

羊肉の脂身を取り除き、食べやすい大きさに切り、水洗いして臭みを取る。

3

写真

■の材料全てと肉をよく混ぜ、2時間くらい置いておく。暑い場合は冷蔵庫で。

4

写真

玉ねぎを薄くスライスし、油で揚げる。中火でときどきかき混ぜながらまんべんなく黄金色になるまで揚げる。

5

写真

カリッと揚がったら紙の上にあげ、油を切る。揚げすぎると焦げて苦くなるので、適当なところで。

6

写真

鍋に大目の油を入れ、●のスパイスを入れて中火にかける。スパイスのまわりから細かな泡が出てきて香りが立ち始める。

7

6の鍋に3でマリネした肉をマリネ液ごと入れ、肉の色が変わるまで炒める。

8

肉の色が変わったら、ホールトマト、5のフライドオニオン、▲のパウダースパイスを鍋に入れる。沸騰してきたら水2カップを加える。

9

ひたすらあくを取りながら、肉が柔らかくなるまで煮込む。煮詰まって水分が少なくなってきたら更に水2カップを加える。

10

肉が柔らかくなったらガラムマサラを投入。味を見ながら塩を加える。コクが足りなかったら、ビーフブイヨン、チキンブイヨン、出汁の素などで味を調整する。(ちょっと邪道だけど)

11

写真

表面に浮いてる油をすくいとって捨てる。 結構さらさらした出来上がりです。これでビリヤニ用のマトンカレーのできあがりです。

12

バスマティライスを洗って、水に1時間ほどつけた後、ざるにあけて水を切っておく。

13

写真

鍋にスパイス類をいれて乾煎りして香りを出す。そこへ水2リットルと塩ひとつまみを加えて沸騰させる。沸騰したら中火に落とし、米を入れて5分くらい(心が残ってるくらい)茹でて、ざるにあける。

14

写真

鍋にカレーの1/4量を入れる。その上に米の半量を敷き詰める。更にカレーの1/4量を加え、最後に残りの米をかぶせて、バター大匙1程度をちぎって散らして弱火~弱中火で水分がなくなるまで炊く。

15

写真

15分ほど蒸らして、しゃもじで静かに混ぜて完成♪

コツ・ポイント

スパイスの分量はあまり神経質にならずに。最後のカレーの量も適当でOK。適当な分量でもバスマティ米はおいしくできるので。こげるのが心配だったら、時々蓋を開けて鍋を傾けてみて水分がなくなっていたらOK。焦げ臭くなったら焦げてます(笑)。諦めて、底を引っかかないように混ぜましょう。炊飯器で炊く場合は、焦げる心配はありませんが、スパイス、バスマティ米の匂いが炊飯器についてしまうので気になる方は避けましょう

このレシピの生い立ち

いつもカレーとご飯又はナンだったので、ちょっと違うものを作りたくなって、時間かかるけどビリヤニに挑戦してみました。
レシピID : 459305 公開日 : 07/11/13 更新日 : 08/04/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」