玄米くるみもち:お弁当に持っていく焼き餅

玄米くるみもち:お弁当に持っていく焼き餅
玄米くるみもちを焼いて、のりで巻いてアルミホイルに包むと、お昼くらいまでやわらかくいただけます。お弁当やおやつに。

材料 (2人分)

切もち
2個
のり(半分に切る)
1枚
醤油
少々
小匙1ほど

1

写真

切もちは、フライパンにごま油を引いて、弱火で焼きます。冷凍にしていても、そのまま焼けます。

2

写真

表4~5分、ウラ4~3分ゆっくり表面がカリッと、中がふんわりするように焼きます。

3

写真

焼けたら熱いうちにアルミホイルの上にのりをのせ、焼けたおもちをのせ、醤油をたらし、急いで巻きます。

4

写真

メープルシロップと、醤油で巻いておくと、甘いおやつもちになります。

5

玄米のビタミンBと、食物繊維がしっかり摂取できます。おやつやランチにピッタリです。

6

写真

アフコ・秋山農場の手づくり玄米くるみもち、を使いました。
http://www.afco.jp

コツ・ポイント

とにかく、弱火で蓋をして焼きます。横から焼けたおもちがはみ出てきたら、火が通っている証拠です。
 夕方には、固くなってしまいますので、アルミホイルから出して、電子レンジで20秒ほどチンしてからいただきます。

このレシピの生い立ち

おもちを、お弁当に持っていこうと思い、アルミホイルで包んでみたら、お昼頃まで固くならず美味しくいただけましたので、紹介してみました。
レシピID : 4595096 公開日 : 17/06/25 更新日 : 17/10/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」