秋の味覚♪なつかしのモンブラン

秋の味覚♪なつかしのモンブラン
スポンジ生地に生クリームとマロンクリームを乗せて、栗の甘露煮をトッピングしました。スポンジ生地のモンブランが王道かな。

材料 (マフィン型6個分)

(ジェノワーズ生地)
M2個
60g
薄力粉
50g
溶かしバター(無塩)
20g
牛乳
大さじ1
★栗の甘露煮(みじん切り)
2粒
(クレーム・オ・マロン)
☆マロンペースト
80g
☆ラム酒
大さじ1
○栗の甘露煮
3粒

1

ジェノワーズ生地を作る。室温に戻した卵をボウルに割りいれ、湯せんに当てながらハンドミキサーで軽く混ぜる。上白糖を半分ずついれ、のの字がかけるまで高速であわ立てる。(生地を指でさわって人肌になったらゆせんをはずす。)

2

ゴムベラに持ち替え、振るった薄力粉を一気に加え切り混ぜする。
溶かしバターと牛乳を合わせたものをゴムベラを伝わせて低い位置から入れる。
さっくり切り混ぜ。

3

写真

敷き紙を入れたマフィン型に生地を流し込む。とんとんと下から空気抜きをし、170度で15分焼く。竹串をさしてついてこなければ焼き上がり。

4

★クレームシャンティを作る。生クリームを8分立て(角がおじぎをするくらい)にあわ立て5mmの口金をつけた絞り袋につめる。栗の甘露煮2粒を細かく刻んでおく。

5

写真

☆クレームオマロンを作る。室温に戻したマロンクリームをゴムベラでやわらかくし、ラム酒を入れて練り混ぜる。

6

写真

生クリームを3回に分けて混ぜる。モンブラン用の口金をつけた絞り袋につめる。

7

写真

冷ましたスポンジ生地にペティナイフで直径2センチくらいの穴を開け生地を取り出しておく。

8

写真

4を穴に絞り、上にも絞る。
栗の甘露煮をカットしたものを上にのせる。

9

写真

上から6を絞る。モンブラン用の口金に入れて周りから円を描くように真ん中を盛り上げる。

10

最後に栗の甘露煮を縦割りにしたものを飾って出来上がり。

11

写真

(アレンジ)ココア入りのロール生地にマロンクリームを乗せてみました。

コツ・ポイント

クレームシャンティは絞っている途中にも固くなってきますので、あわ立て過ぎない事です。
マロンクリームはモンブランの口金につめるとつまりやすいものもあるので、裏ごしするとよいでしょう。

このレシピの生い立ち

今までお教室で習ったモンブランを元に、自分好みのモンブランを再現してみました。最近はタルト生地やメレンゲ生地などいろんな種類が出てますが、いろいろ食べ比べてもやっぱりスポンジ生地が好きです。
レシピID : 459523 公開日 : 07/11/14 更新日 : 09/10/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」