ビーツとリンゴのころころサラダ

ビーツとリンゴのころころサラダ
甘さがくせになる美容食材「ビーツ」と好相性の爽やかな酸味のシャキシャキリンゴ。欧米ではポピュラーな美味しいサラダです♪

材料 (作りやすい分量)

ビーツ
3~4個
りんご(酸味のある品種がおすすめ)
小1個
(お好みで)玉ねぎのみじん切り
小さじ1
粒マスタード
小さじ1
美味しい塩
少々

1

写真

生のビーツ。材料が入手できれば生から茹でたほうが美味しいです。

2

ビーツをかぶるくらいの水から茹でる。沸騰したら弱火に切り替えて、20~30分、竹串がすっと通るまで。

3

写真

流水で皮をむく。手で表面をひねると、つるんとむけます。(写真は皮がむけた状態)

4

写真

ビーツは約1.5㎝角程度に、リンゴは約1㎝角程度にカットします。

5

(玉ねぎを入れる場合)玉ねぎの臭みが強い場合は、水にさらしてください。茶こしがあると便利♪

6

オリーブオイル、白ワインビネガー、粒マスタード、塩少々で味付けし、しばらくおいてなじませたら完成。

7

※白ワインビネガーは他の酢で代用可。レモン汁やゆず果汁などで作るのもおすすめです。

8

写真

使用したりんご「グラニースミス(Granny Smith)」。イギリスで売られているリンゴは日本の半分くらいの大きさ?

コツ・ポイント

・作りたてよりも、半日くらい置いたほうが美味しいです。日持ちします。

このレシピの生い立ち

外で食べたサラダがとても美味しかったので自分好みに再現!
レシピID : 4597000 公開日 : 17/06/27 更新日 : 17/06/27

このレシピの作者

イギリス(ロンドン)在住。自宅にて料理教室を主宰、調理師・インテリアコーディネーター(紙)・クックパッドレシピエール。
家族:7つ年上夫、娘4歳、息子2歳、猫2匹。
趣味:ホームパーティー 飲み食いメインの旅行
ちょっぴり小洒落た、かつ家庭ならではの料理が目標☆
毎日のご飯や育児の事、教室記録など、ブログに綴っております。
http://kechauru.blog.fc2.com/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

5 (5人)

17/12/21

写真

オーストラリアでビーツサラダ。サッパリしてて美味しかったです。

Cushyママ

わ~レタス盛りが素敵です!!Cushyママさん、ありがとう♪

17/12/13

写真

飛騨高山産のビーツとリンゴで♡めちゃ好みです(*^o^*)

マーシ☆

きゃ~~嬉しい!!純国産ですね♪素敵なれぽをありがとう!!

17/11/26

写真

一度作ったら美味しかったので、再度大量に作りました。

feliz21

なんて嬉しい!!お忙しい中つくれぽいただけて感謝&感激です!

17/10/08

写真

酸味あるりんごがこんなに美味しくいただけるなんて幸せ。秋味ですね

rakuen

秋味ですよね~♫rakuenさん、いつもありがとう!!