冷凍茶鶏

保存もきいて、いつでもうまみつきの鶏肉を食べられる鶏ハム。冷凍でちょっとだけ熟成を促進させます。これはハーブのかわりにお茶を使っています。カテキンやポリフェノールを含む、アジアの優れた素材をどんどん有効活用。

材料

鶏もも肉
3枚
茶葉(フードプロセッサーでひいたもの)
大さじ1
小さじ2
大さじ1.5
こしょう
適量

1

茶葉は、フードプロセッサーであらかじめ挽いておきます。枝が入らないように網目の細かいざるで振るっておきます。売っている粉茶を使っても。他にプーアル茶を挽いて常備しています。ウーロン茶にすれば台湾風茶葉料理になるし、番茶、緑茶…なんでもOK。

2

鶏肉に軽くはちみつを塗り、塩をよくもみこんで、こしょう、お茶をふりかけてもみこみます。
これをたたんで、ラップに包んで冷凍します。

3

冷蔵庫で解凍して、煮込みに、スープに。軽く焼いて、一口大に切って、青菜と炊き合わせにしても。

コツ・ポイント

お茶は挽いておくと、一人分でもすぐいれられるし、重宝してます。お客さま用の煎茶はとっておいて、いつも飲む緑茶や量が多い番茶などを使います。プーアル茶は脂肪やたんぱく質などを分解する酵素を含むので、実は細かく砕いて酸素に触れさせるのは向いてるはず。豚肉などをこれで仕込もうと考えています。お茶パンチェッタw プロセッサーやミルがない場合は、こまかくきざんで、すり鉢で細かく砕いてみてください。

このレシピの生い立ち

エルブドプロバンスがなくなってきて、自分でブレンドしようと思ったら行きつけのスーパーにホウルのフェンネル、セージがない!お茶ってそういえばフェンネルのさわやかさに似てるかな?と思いついたのがきっかけ。
そういえば、台湾にも茶葉料理ってあるしね。ハーブのように使ってみたら面白いかも。
レシピID : 459884 公開日 : 07/11/28 更新日 : 07/11/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」