夏の常備菜 おくらと茗荷の焼き浸し

夏の常備菜 おくらと茗荷の焼き浸し

Description

茗荷とおくらで夏の常備菜です。
これも麺つゆに浸すだけです。

材料

おくら
一袋
みょうが
3、4個
50㏄

作り方

  1. 1

    おくらはよく洗い、ヘタ回りをくるりと剥きます。茗荷もよく洗い、薄切りにします

  2. 2

    フライパンで焼きます。生でも食べられるお野菜ですので、少し焦げ目がつけば大丈夫です

  3. 3

    焼いたおくらを麺つゆに入れます。
    茗荷を散らしてできあがりです

コツ・ポイント

茗荷をぜひ加えてください。夏らしくなります。

このレシピの生い立ち

茄子とピーマンの揚げ浸しのレポートで、おくらを浸けてみましたー!と頂いて。
おくらは湯がくものと思っていたので、焼いてみました。湯がくよりめちゃくちゃ楽チンでした!
皆様!ありがとうございました!
レシピID : 4601123 公開日 : 17/06/29 更新日 : 17/06/29

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

3 (3人)
写真

2021年11月7日

シャキシャキとした茗荷がとっても爽やかで簡単美味しかったです!小松菜があったのでオクラと一緒に炒めました♪

写真

2020年8月25日

美味しく出来ました!! また作ります!!

写真

2017年7月1日

初れぽ

また、作ろっと。

ありがとうございました!