洋ナシのデザートスープ 薬膳風?

洋ナシのデザートスープ 薬膳風?
体を温めるスパイスを使った、香りのいい大人のデザート。
タピオカや白きくらげも入って、食感もいろいろ楽しめますよ!

材料 (8人分)

洋ナシ
1個
白きくらげ(水で戻す)
3~4枚
タピオカ
大匙2
ぶどう(何でも)
16粒
A水
400cc
Aしょうが
スライス2~3枚
A八角
1/2個
Aシナモンスティック
1/2本
Aカルダモン粒
2個
Aグラニュー糖
100g
100cc
キルシュなど好みの洋酒
大匙1
小さじ1
クコの実
大匙1

1

シロップを作る。
Aのスパイス類をティーバッグかだし用の袋に入れて、水、グラニュー糖と一緒に鍋に入れ、弱火でグラニュー糖が溶けるまで煮出す。
タピオカは沸騰したお湯から20分以上、透き通るまで茹でて、冷ましておく。

2

洋ナシは半分を1cm角に切って、白ワインにつけておく。
1のシロップがいったん冷めてから白ワインと洋ナシ、水洗いしたクコの実を加え、弱火あくを取りながら、洋ナシが透き通るまで煮る。
リキュールを加える。

3

小さじ2の水でふやかしたゼラチンに2のシロップを熱いうちに少しずつ加えて完全に溶かし、全体に混ぜる。レモン汁、戻したタピオカ、小さめに切ったきくらげも混ぜて、冷蔵庫で冷やし固める。

4

残り半分の洋ナシも1cm角に切り、ぶどうは皮をむいて種を取り除き、小さく切る。
3はグラスによそう前に3に混ぜ、パフェグラスやワイングラスなどに入れて出来上がり。
あればミントの葉など飾るときれいです。

コツ・ポイント

セラチンの量が少ないので、たぶんほとんどかたまらないと思います。ワインの量は苦手な場合、減らして、その分水にしてもいいです。
ぶどうは小粒で酸っぱい種類が向いています。
なくても全然OK。

このレシピの生い立ち

さっぱりとしたデザートを考えていて、たまたま、洋ナシがあったので、作ってみました。
レシピID : 460368 公開日 : 07/11/15 更新日 : 07/11/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」