生姜の保存方法

生姜の保存方法
昔から生姜は『濡らした新聞紙に包んで冷暗所に置く』のが常識ですが、それに一工夫。カビずに長く保存できます。

材料

好きなだけ
大さじ2
 

1

密封できるタッパーに、キッチンペーパーを2枚重ねて敷く。その中に洗った生姜を置く。

2

生姜をキッチンペーパーで包むようにして、そのキッチンペーパーに満遍なく焼酎を掛けてタッパーの蓋をして密封する。

3

あとは日陰の涼しい場所に置いて保存。

4

生姜は15度位の温度が一番保存には良い条件なんだそうです。絶対に冷蔵庫で保存しないでください。冷蔵庫は涼しすぎて生姜等の根菜類にとっては凍る原因になるそうです。そして、冷蔵庫の中は乾燥してるので直ぐに干乾びます。

5

中の焼酎が乾いたら足すようにしてください。生姜に匂いが付いて気になると思いますが、洗うと全然匂いません。焼酎を使うとカビも生えないので便利です。

コツ・ポイント

密封できる入れ物に入れる事と、冷蔵庫には絶対入れない事。根菜類は生きてるので、あまり寒い所に置くと死んじゃいます。活動できるか出来ないかの温度が、保存には最適です。

このレシピの生い立ち

毎回冷蔵庫で生姜がミイラになるかカビるかしてしまうので、昔ながらの方法で保存したら長持ち。それでもカビが生えるので何とかしようとネットで調べたら、焼酎に漬け込むと半年や1年は持つとあったので、そこまで持たなくても良いから簡単に使える方法を考えてみました。
レシピID : 461687 公開日 : 07/11/17 更新日 : 07/11/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」