いくら醤油漬け

いくら醤油漬け

Description

秋の味覚『秋鮭』のハラコから作るいくら醤油漬け。年に1度、9月~10月に仕込みます。

材料

秋鮭のハラコ
お好きな分量
醤油
2
1
鰹だし
1

作り方

1

調味料を鍋にかけ、アルコール分が飛ぶようにしっかりと煮きり、冷ましておく。

2

人肌より熱いくらいのお湯をボウルに用意し、分量外の塩を入れ、ハラコをバラす。

3

ハラコを被っている薄皮を破き、お湯の中でムニュムニュと揉みます。

4

力を入れすぎず、かつ大胆に(笑)。ハラコは自然にポロポロとほぐれ、だんだんイクラになってきます。

5

薄皮が外れたらザルに空け、またボウルに戻し、水を入れます。細かい皮やゴミ、血栓などが浮いてくるのでそれを取り除きます。

6

これを綺麗になるまで何度も繰り返します。ボウルの端に流水を当てながらやると、イクラが『対流』をし、作業がしやすくなります

7

キレイになったところで、水の量を減らし(イクラにかぶるくらい)、分量外の塩を入れ混ぜます。

8

すると…真っ白だったイクラが鮮やかなオレンジ色に光り輝きます!(笑)

9

ほぐし終わったイクラは、塩分を流し、ザルにあけ完全に水を切っておきます。

10

水が完全に切れたら、平らなバットにイクラを入れ、平たくならします。そこへ調味液をイクラがギリギリ被るくらいに入れる。

11

一晩、冷蔵庫で漬け込み、翌日になったら漬け込んだいくらをザルにあけ、ドロドロとした調味液を切ります。

12

味見をして、味が足りないようなら前の日に煮きった調味液を少し足して下さい。(たぶん、足さなくても大丈夫な分量のハズ)

13

出来上がり直ぐに食べられるとも言いますが、鮭はアニサキスと言う寄生虫(汗)が怖いので、必ず一旦は冷凍して下さい。

14

食べる時は自然解凍で。 美味しいいくらを召し上がって下さいね。

コツ・ポイント

調味料の分量は、ハラコの量や大きさによってマチマチなので、敢えて割合で記載しています。

このレシピの生い立ち

毎年秋になると作ります。
レシピID : 4621493 公開日 : 17/07/12 更新日 : 17/07/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」