せいそう御飯(高知県奈半利町の郷土食)

せいそう御飯(高知県奈半利町の郷土食)

Description

せいそうを刻んでパッパと混ぜ合わせるだけの簡単な夏のふるさとの料理。

材料

2合
2つまみ
せいそう
15枚
1カケ
ちりめんじゃこ
20g
炒りごま
大さじ1
小さじ1/2

作り方

1

写真

塩とだしを加え定量の水でご飯を炊く。

2

写真

せいそうは短い千切りに、生姜はみじん切りにする。

3

写真

せいそうは軽く塩もみしほぐす。(塩は分量外)

4

写真

ご飯が炊けたら、せいそう、生姜、ゴマ、じゃこを加え切るように混ぜる。

5

写真

お茶碗に盛ってもいいし、おにぎりにしてもいいよ。

コツ・ポイント

最初から塩を入れて炊くと塩味が平均化しておいしい。

このレシピの生い立ち

「土佐の味ふるさとの台所」78ページに掲載。
青紫蘇を高知では「せいそう」と呼ぶ。夏の暑い時期、見にも鮮やかなせいそうは、その香りと共に食欲をそそる。せいそうご飯もこうした生活の中から自然に生まれた料理であろう。
レシピID : 4622275 公開日 : 17/07/14 更新日 : 19/04/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」