りゅうきゅうの炒め物(高知県土佐山田町)

りゅうきゅうの炒め物(高知県土佐山田町)

Description

かつお節とりゅうきゅうはよく味が合う。酒の肴にもぼっちり。

材料

りゅうきゅう
150g
かつおの生節
50g
大さじ1
醤油
小2
2つまみ

作り方

1

写真

りゅうきゅうは半分に切り皮をむく。

2

写真

皮の端についている部分はえぐ味があるので縦にさいて取る。

3

写真

斜め切りにする。

4

写真

沸いた湯にさっと通す。色が変わったらすぐに水に放す。

5

写真

あくが抜けたら、よく絞って水気を切る。

6

写真

かつおの生節も斜め切りにする。

7

写真

フライパンに油を熱し、りゅうきゅうと生節を炒める。
しんなりとなり始めたら調味料を加え、手早く仕上げる。

8

写真

お皿に盛って出来上がり。

コツ・ポイント

りゅうきゅうを食べたら口の中がかゆくなる人がおるけど、湯にさっと通し水に放す事でかゆくならんし色も良くなる。しっかり水気を取り、炒める時も強火で手早く、味を絡めるようにする。「煮えてしもたらベタベタしておいしゅうない。」

このレシピの生い立ち

「土佐の味ふるさとの台所」64ページに掲載。
かつお節を削ると、最後にどうしても削り残しができる。昔は、その削り残しを大事に使いよりました。りゅうきゅうも真夏の何にも青みの野菜がない時に、本当に重宝しました。
レシピID : 4623400 公開日 : 17/07/14 更新日 : 19/04/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」