ラザニエ・アラ・ボロネーゼ(ラザニア)

ラザニエ・アラ・ボロネーゼ(ラザニア)
ミートソースとホワイトソースを重ねた、とってもオーソドックスなラザニアです!!お好みの量のチーズをたっぷりのせて香ばしく焼き上げて熱々をいただきましょう★★

材料 (20cm×20cmのキャセロール)

ラザニア(下茹で不要のもの)
10枚位
《ボロネーゼフィリング》
○玉ねぎ(みじん切り)
2/3個
○にんじん(みじん切り)
2/3個
○牛挽肉(合いびき肉でもOK)
400g
○ホールトマト
2缶
○水
150ml
○コンソメスープの素(粉状)
小さじ2
○塩・コショウ
少々
《ベシャメルソース》
☆サラダ油(溶かしバターの方が香りは良いです)
40g
☆薄力粉
40g
☆牛乳
800ml
☆塩・コショウ
少々
とろけるチーズ
好きなだけ!!!

1

キャセロールにバターを塗っておく。

2

《ボロネーゼフィリング》を作る。フライパンにオリーブオイルを熱し、みじん切りの野菜を炒め、挽肉を入れ、色が変わるまで炒める。ホールトマトと水、コンソメスープの素を加え、45分位弱火で汁気がなくなるまで煮詰める。塩コショウで味を調える。

3

《ベシャメルソース》を作る。ステンレスのボールにサラダ油と薄力粉を入れ、ホイッパーでなめらかに混ぜ、牛乳を加え、よく混ぜる。ホイッパーで常に混ぜながらとろみがつくまで強火のコンロにかける。塩コショウで味を調える。

4

写真

キャセロールに《ボロネーゼフィリング》、《ベシャメルソース》、ラザニアの順に繰り返し重ねていく。一番上はホワイトソースの上にチーズをたっぷりのせる。180℃のオーブンで30分位焼いて完成!!お皿に取り分けて熱々を食べましょう!!

コツ・ポイント

一度にたくさんフィリングをのせてしまうと、少ない層になってしまいます。たくさんの層のほうが美味しいので少なめにフィリングを重ねていきましょう。

このレシピの生い立ち

ラザニアの箱に書いてあったレシピを、手持ちのキャセロールのサイズに合うようアレンジしました。あと、本来のレシピより大まかな分量にしました(ホールトマトの缶が中途半場に残ったりするので)。ベシャメルソースは本当はバターで作りますが、サラダ油で最初に薄力粉を溶いたほうが綺麗な仕上がりになるので私はいつもサラダ油使ってしまいます。お好みでどうぞ!!熱々最高です。
レシピID : 462597 公開日 : 07/11/19 更新日 : 07/11/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

12/02/08

写真

大皿にたっぷりのラザニア♪家族みんなでおいしく頂きました。

かずぅマム

皆さんで召し上がって頂け嬉しいです!!

08/05/01

First tsukurepo mark
写真

遅くなりましたがクリスマスに作らせていただきました☆とっても美味

koh115

沢山作られたんですね☆凄い!美味しそう。有難うございます^^