卵黄の鼈甲漬け(こぼれ梅)

卵黄の鼈甲漬け(こぼれ梅)
ある小説で話題になった卵黄の漬物です。福光屋の材料で再現してみました。ツヤツヤの鼈甲色になり、お酒のお供に最適です。

材料 (2人分)

こぼれ梅
50g
麹味噌
70g
純米本味醂 福みりん
40g
2個分
お好みでニラ
適宜

1

写真

こぼれ梅を刻んで、すり鉢にいれ、みりんをふりかけ、すり混ぜる。味噌を入れてなめらかにする。

2

写真

保存容器に1を半量入れ平らにし、ガーゼをのせてくぼみを作る。

3

写真

卵の卵黄をくぼみにそっと置いて、ガーゼをかぶせ、残りの1を静かにのせる。

4

3を冷蔵庫で3日間寝かせ、出来上がり。

5

写真

写真は、ニラをさっとゆでて刻み、付け合せにしました。

6

写真

これを使いました。福光屋「酒蔵の味醂粕 こぼれ梅」

7

味噌床を、茹でたオクラやきゅうりに着けて食べると美味しいです。

コツ・ポイント

★黄身を入れるくぼみは、深めに作ったほうが入れやすいので、小さめの容器がよいです。
★使い終わった味噌床は、加熱→冷まして再利用は出来ますが、風味が飛ぶのでみりんを追加するなどしてください。または、野菜のディップやお味噌汁に入れても。

このレシピの生い立ち

こぼれ梅を使って、ほんのり甘い香りの味噌床に黄身をつけると、塩気が強すぎず上品な味わいに漬かります。小説で話題になっていたものを、材料を少なくしてアレンジしました。3日以上は漬けないほうが良いそうです。
レシピID : 4629639 公開日 : 17/07/21 更新日 : 17/08/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

19/02/24

First tsukurepo mark
写真

参考にさせていただきました。大好評でした。ありがとうございます。

_miya__

キレイに作っていただき、こちらこそありがとうございます!