牛肉の柔らか炒め

牛肉の柔らか炒め
牛肉、こんにゃく、ごぼうを食材に使うと、どうしても灰汁が強くなって、牛肉の本来の味が損なわれてしまいます。そこで穀物酢を使うことで灰汁から牛肉の味を守ることが出来ます。

材料 (4人分)

牛肉
300g
こんにゃく
1袋
ごぼう
小1本
彩り用パプリカ
適宜
大さじ3
大さじ3
大さじ2
★酒
大さじ1
★砂糖(甘いのが好きな方)
適宜
輪切り一本分

1

写真

すべての材料を冷たいフライパンに入れて炒めます。(油は牛肉の脂で十分)

冷たいフライパンから炒めるほうがくっつきません。

2

写真

全体に火が通ったら★の調味料すべてを入れて、炒めながらしみこませていきます。汁気が半分ぐらいになったら、彩り野菜を入れて、軽く火が通るまで炒め、鷹の爪を加えて出来上がり。

3

写真

かなりの量なので半分は保存します。(酢を使うことで保存しても安心)
3日後、残りの保存していたものを残りの白菜や豆腐を加えてすき焼き風に変身させました。

4

写真

すき焼き風に味付けするだけです。こんなに豪華な感じになりました。酢の味がほのかに残っていていつものすき焼きよりも美味しいですよ。

5

写真

食卓のメインになります。穀物酢が加わってるだけで、「今日のすき焼き特別に美味しく感じるね」と家族の喜びの声が聞かれます。

コツ・ポイント

とくにありません。簡単すぎて。

このレシピの生い立ち

安い牛肉を買うと臭みがあります。臭みを消すためにこんにゃくやごぼうを使いますが、今度は灰汁が強くなるので、酢を使ってみたらどうなるかなと思い、使ってみたらどちらの問題も解消されました。
レシピID : 463100 公開日 : 07/11/20 更新日 : 07/11/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」