コツを押さえて★折りパイ生地(冬季限定)

コツを押さえて★折りパイ生地(冬季限定)
冬の、さむーい部屋で作れば失敗無しです!手先冷え性の方はパイ生地作りに最適(?)です。

材料

薄力粉
120g
80g
ひとつまみ
約130cc
冷たい無塩バター
120~160g
小さじ1

1

薄力粉、強力粉、塩をボウルに入れ、水を入れます。

2

手でよくこね、しっとりとひとまとまりになる柔らかさにします。ぱさぱさなら水を少量足してください。

3

生地を丸めて、ラップに包んで30分以上冷蔵庫で寝かせます(できれば1晩)。

4

写真

バターはかたまりのままラップの上に置き、コーンスターチをふってバター全体にまぶします。そのままラップで包んで、麺棒でたたきながら厚さ5mmくらいの四角形にのばします。

5

★ポイント★コーンスターチはなくてもできますが、バターにふって作業すると、べたべたしにくくて扱いやすいです。

6

写真

生地を包丁で十字に切れ目を入れ、四隅をそれぞれの方向に伸ばすようにして四角く伸ばします。

7

写真

生地に、4のバターを乗せ、生地の四隅を折ってバターをくるみます。

8

写真

生地が余って重なってしまう部分は、切り取っておきます。 ※あとで使うことがあるので・・・。

9

写真

麺棒でたたくようにして生地とバターをなじませ、空気が入らないように注意して伸ばします。

10

写真

★ポイント★空気がはいらないように、ぴっちり包むこと。もし空気が入ってしまったら、爪楊枝で小さく穴を開けて空気を逃がし、周りの生地をくっつけて穴を塞いで。

11

写真

三つ折してから、向きを変えてまた伸ばし、三つ折を3回繰り返します。冷蔵庫で30分程度休ませます。

12

写真

★ポイント★生地を伸ばすときはちょっとずつ丁寧に。途中、生地からバターがはみでてきちゃったら、切り取っておいた生地をかぶせて補正。

13

写真

くっつけて補正完了の図。

14

さらに三つ折を3回繰り返し、冷蔵庫で30分程度休ませます。

15

生地を伸ばしたら、好きな形にしてください。

16

★形成のポイント★型で抜いたり、包丁で切ると、その部分が押さえつけられるので角がキレイに浮き上がりません。焼くのは、裏面を上にして焼きましょう。

17

★焼くポイント★焼くときは、まず230℃で5~10分。高温で焼かないと、層に浮き上がる前にバターが全部溶けちゃいます!そのあと160℃くらいに下げて、火を通します。

コツ・ポイント

バター120gだと、あっさりしてふかふかした感じ。160gだとバターリッチな普通のパイになります。私の好みは150gかなー。あとは、塩の代わりに粉チーズ大さじ2杯にすると、チーズ風味。意外とアップルパイに合いますよ。

このレシピの生い立ち

パイ生地難しいってよく聞くけど、冬なら失敗なくできるんだーということをアピールしようと思いました。せっかく自分でパイ生地をつくるなら、味を自分好みに作り変えてしまおうと思い、バターの量を調節してみました。
レシピID : 463531 公開日 : 07/11/25 更新日 : 07/11/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

12/12/12

写真

キレイに焼けて満足です(*´∀`)初アップルパイ成功!サクサク!

オースター

初めて作っていただいて感謝♪おいしくできてヨカッタ~♪♪

10/10/17

First tsukurepo mark
写真

冬ではないけどwふわっと膨らんでパリパリ。バターの香りで幸せ~❤

ベランダにネギ

冬ではないのに(笑)ありがとうです!ふくらみが美しい~!!

Profile 神様の愛 2010年07月18日 18:26
分かりやすく書いてあってすごいです!今度作ってみようと思います!!
Profile 神様の愛 2010年07月18日 18:27
分かりやすく書いてあってすごいです!今度作ってみようと思います!!