自分で作る! 粒マスタード★自家製の画像

Description

粒マスタードは 自分で作った方が、辛さも、粒の残し具合も好みに調整出来て美味しいです(^^)

材料 (400ml瓶(シードのトータル100g>7対3割合))

イエローマスタードシード
70g (60g)
ブラウンマスタードシード
30g (40g)
ワインビネガー白
150cc
★ワインビネガーが無いとき
★酢
100cc +α(継ぎ足し分)
★白ワイン
50cc
大さじ1
黒蜜(蜂蜜)
小さじ2

作り方

  1. 1

    瓶を鍋で煮沸消毒する。

    瓶は大きめをオススメします
    潰した後、約3倍の量になります。

  2. 2

    写真

    乾いた瓶に2種類のシードと、塩と黒蜜を入れる。
    黒蜜が無ければ蜂蜜でOK
    シードは通販で100g 400円くらいで購入

  3. 3

    写真

    白ワインビネガーが無ければ、酢と白ワインを混ぜたものを入れる。
    私は酢+ワインで作ります

  4. 4

    瓶の中を良く混ぜて、シードが膨らむまで3日から1週間程 常温放置します。
    シードは最終的に3倍位の大きさに膨らみます。

  5. 5

    毎日1回かき混ぜる。
    水分がシードより上に残っているのなら、かき混ぜて放置。

  6. 6

    水分が無くなってきたら、シードがひたひたになる様に酢を注ぎ足す。3日間は1日1回注ぎ足し常温放置
    夏場は涼しい場所で放置

  7. 7

    写真

    3日目以降は 毎日見て、酢をたしてもこれ以上シードが膨らまないと思ったら次へ。
    5日目の写真です

  8. 8

    シードが充分膨らんだらフードプロセッサーで潰しますが、ここで粒が残る割合をお好みで調整

  9. 9

    写真

    私は、1/3の粒を残して、2/3の量を潰します

  10. 10

    写真

    潰したマスタードを瓶に戻して
    残した粒と良く混ぜて下さい。
    この段階では、酢のにおいがキツく食べられません。

  11. 11

    写真

    混ぜたら、1週間〜2週間 冷蔵庫で寝かせる。時々かき混ぜる。
    ツーンとした酢の匂いが消えたら食べられます。

  12. 12

    自家製を作ると、市販の粒マスタードを買う気がしなくなります。

コツ・ポイント

辛めが好きな方はブラウンシードの割合を高くしてください。
好みの辛さが追求出来ます(^^)
ブラウンシードが多過ぎると、辛すぎて美味しく無いので 6対4のバランスが私は好きです。

このレシピの生い立ち

粒マスタードって、ソーセージに沢山つけて食べたいのに、買うと小さい瓶で高いんですよね〜〜

好みの辛さになるし、粒の残し具合も調整出来るし、市販より美味しくて 1/3の値段で作れます。
レシピID : 4648412 公開日 : 18/03/11 更新日 : 19/07/01

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

1 (1人)
初れぽ
写真
ハント☆
8日目の状態、黒蜜?の関係なんか~色黒い不安の状態です!